ポール・マッカートニー、11年ぶりの来日公演が遂に決定!

PR TIMES / 2013年7月16日 19時1分



ポール・マッカートニーの11年ぶりとなる待望の来日公演「アウト・ゼアー ジャパン・ツアー」が遂に決定しました。
公演は2013年11月15日(金)福岡ヤフオク!ドーム、11月18日(月)、19日(火)、21日(木)東京ドーム。更に大阪公演も開催が決定しており、詳細は後日発表される予定です。

「PAUL McCARTNEY OUT THERE JAPAN TOUR」と銘打たれた今回の来日公演は、1990年の「Get Back Tour in Japan」、1993年「THE NEW WORLD TOUR」、2002年「driving japan tour」以来4度目の来日公演となります(1966年のザ・ビートルズ来日公演を含めると5度目)。

今回のツアーは、今年5月4日のブラジル公演からスタートしたワールド・ツアーの一環で、初めて訪れる地での公演やロック・フェスティバルなども含んでおり、6月18日に71歳の誕生日を迎えたとは思えない精力的なもの。

そして演奏曲目もザ・ビートルズのヒット曲が満載で、6月10日にニューヨーク・ブルックリンで行われたコンサートでは演奏曲全38曲中、実に26曲がビートルズの楽曲!ビートルズ時代ですらライヴ演奏されたことがなかった「エイト・デイズ・ア・ウィーク」で幕を開けたこの公演では、当時と全く同じキーで歌われる「レット・イット・ビー」や「ヘイ・ジュード」、「イエスタデイ」らの名曲に加え、ビートルズ時代のジョージ・ハリスンの名曲「サムシング」や、同じくビートルズ時代にジョン・レノンが主に書いたと言われる「ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト」なども演奏しています。

また、現在ポール・マッカートニーはアーカイヴ・コレクションとしてソロ&ウイングス時代のアルバムを最新リマスターで新装発売しており、今年5月にもウイングス絶頂期のライヴ名盤『ウイングス・オーヴァー・アメリカ』を発売したばかりですが、今回のツアーではそんなウイングス時代の楽曲である「バンド・オン・ザ・ラン」や「あの娘におせっかい」などの名曲も披露しています。

チケットに関する詳細は日本公演公式サイト(http://outthere-japantour.com)まで。
ザ・ビートルズのファン、ポール・マッカートニのファンはもちろん、全ての音楽ファンにとっても絶対に見逃せない公演です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング