1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

音楽・芸術を通じた地方創生を目指す「音楽島」プロジェクト『エンタメシードコンテスト2021』開催

PR TIMES / 2021年9月1日 17時15分

淡路島を舞台にイベントを企画するアーティスト、プロデューサーを募集

株式会社パソナグループ(本社:東京都千代田区、代表取締役グループ代表 南部靖之)は、全国のアーティスト(音楽家や芸術家、イベントプロデューサー等)を対象に、「音楽・演劇・美術」をテーマに自由な発想で淡路島でのイベントを企画・実行するアーティストを公募する『エンタメシードコンテスト2021』を、10月14日(木)に開催いたします。同コンテスト開催にあたり、9月1日(水)より参加者を募集いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/16751/1036/resize/d16751-1036-598039055ab4ac619001-1.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/16751/1036/resize/d16751-1036-d5fad2dc801e8e9b120d-0.jpg ]

パソナグループは2020年7月より、全国から集まった音楽家たちが、兵庫県淡路島で音楽を通じた 地方創生を目指す「音楽島(おんがくじま)-Music Island-」プロジェクトを開始し、現在約40名の 音楽家たちが淡路島で新しい生き方・働き方に挑戦をしています。しかしながら、新型コロナウイルス感染症の終息が見えない中、今なお多くのアーティストが活動の場を制限されています。

そこでこの度、パソナグループは全国のアーティストを対象に、「音楽・演劇・美術」をテーマに、 自然豊かな淡路島を舞台とした各種イベントを企画・実行できるアーティストを公募する『エンタメシードコンテスト2021』を開催。企画案が採択されたアーティストには、賞金の授与にくわえ、淡路島に長期滞在しながら、自身の能力やスキルを最大限に活かしたイベントを企画・実行していただきます。
また、アーティストが淡路島に滞在する期間中の住居・食事・交通手段やイベント開催のための 事業費や会場などはパソナグループが提供し、イベントの成功をサポートいたします。

パソナグループは本取り組みを通じて、淡路島を“文化・芸術の島”として日本全国および世界へ 発信すると共に、新型コロナウイルス感染症の拡大により活動の場を制限されるアーティストの活躍の場を創出してまいります。

■パソナグループ『エンタメシードコンテスト2021』概要
開催日:
2021年10月14日(木)
内容:
自由な発想をもとに、自然豊かな淡路島から世界に向けて文化・芸術を発信することのできるイベントの新規企画・実行ができるアーティストと企画案を公募するコンテスト。企画が採択されたアーティストは、2021年11月~2022年5月の期間、淡路島でイベントを企画・実行する。
【テーマ】
「音楽」「演劇」「美術」の3テーマから選択
【スケジュール】
募集期間/2021年9月1日(水)~10月4日(月)
選考会/2021年10月14日(木)
企画・実行/2021年11月~2022年5月(予定)
【特徴】
・淡路島での滞在期間中の住居・食事・交通手段はパソナグループが提供
・イベント開催のための事業費や会場などはパソナグループが手配
対象:
アイデアの企画、実行に取り組むことのできる個人・チーム
参加費:
無料
表彰:
金賞1組・・・賞金50万円
銀賞1組・・・賞金30万円
銅賞1組・・・賞金10万円 合計3組のアーティストを採択
応募方法:
下記「音楽島」プロジェクトのウェブサイトより
https://www.awaji-musicisland.com/
応募締切:
2021年10月4日(月)17:00
お問合せ:
株式会社パソナグループ 「音楽島」事務局
TEL 050₋3684₋4245 E-mail MusicIsland-og@pasonagroup.co.jp

【参考】パソナグループ「音楽島 -Music Island-」プロジェクト 概要
2020年7月に開始。全国から集まった音楽家が兵庫県淡路島で新しい生き方・働き方に挑戦し、音楽を通じた地方創生を目指す。コロナ禍において困難な状況に直面する音楽家の方々が安心して働きながら音楽活動に取り組める環境を提供している。
現在、島内でピアニストやヴァイオリニスト、作曲家など、約40名の音楽家が活躍しており、パソナグループが運営する各施設で音楽活動を行うほか、メンバー同士のコラボレーションを通じて様々なコンサートや音楽イベントを企画している。
URL: https://www.awaji-musicisland.com/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング