「連続ドラマW 贖罪」 東京ドラマアウォード2012において優秀賞と演出賞を受賞!

PR TIMES / 2012年10月23日 9時19分

 2012年1月に放送した「連続ドラマW 贖罪」が、東京ドラマアウォード2012において高く評価され、作品賞<連続ドラマ部門>で優秀賞を受賞すると同時に、脚本・監督を務めた黒沢清氏が個人賞<スタッフ部門>で演出賞を受賞いたしました。

 東京ドラマアウォードは、作品の質の高さだけではなく、“市場性”、“商業性”にスポットをあて、“世界に見せたい日本のドラマ”というコンセプトのもと、世界水準で海外に売れる可能性が高い優秀なテレビドラマを表彰しています。
 当社作品の主な同賞受賞歴としては、「連続ドラマW パンドラ」の作品賞<連続ドラマ部門>グランプリ受賞(2008年)、「連続ドラマW 空飛ぶタイヤ」の作品賞<連続ドラマ部門>優秀賞受賞(2009年)、「ドラマWスペシャル なぜ君は絶望と闘えたのか」の作品賞<単発ドラマ部門>優秀賞受賞(2011年)が挙げられます。

 「連続ドラマW 贖罪」は、湊かなえの同名小説を、小泉今日子、蒼井優、小池栄子、安藤サクラ、池脇千鶴、香川照之ほか豪華キャストで映像化したもので、連鎖する悲劇を5人の女性の視点で描き、人間誰もが隠し持つ毒や心の闇を描ききった作品です。
 この作品は国際的にも高い注目を集めており、ドラマとしては極めて異例ながら、第69回ヴェネチア国際映画祭をはじめとして主要な国際映画祭で続々上映されています。

 なお、ヴェネチア国際映画祭でも上映された「贖罪 インターナショナル版」を、2013年1月にWOWOWプライムで放送することが決定いたしました。インターナショナル版は、全5話の連続ドラマを270分に再編集した作品です。

 WOWOWは、コーポレートメッセージ「見るほどに、新しい出会い。」のコンセプトの下、今後もオリジナル番組の制作に力を入れ、視聴者の皆様に上質なエンターテインメントをお届けしていきます。

【お問い合わせ先】
(マスコミ関係)広報部 TEL03(4330)8080
(IR関係)IR経理部 TEL03(4330)8089

【「連続ドラマW 贖罪」について】
出演:小泉今日子、蒼井優、小池栄子、安藤サクラ、池脇千鶴、香川照之ほか
脚本・監督:黒沢清 音楽:林祐介
原作:湊かなえ(東京創元社刊)

デビュー作「告白」文庫版が200万部を突破し、映画も大ヒットを記録した湊かなえの3作目の小説。連鎖する悲劇を5人の女性の視点で描き、人間誰もが隠し持つ毒や心の闇を描ききった作品は、またも世に衝撃を与えた。
 小泉が演じるのは、小学生の娘を殺された母・麻子。15年の時をまたいだ悲劇の中心で、周囲に激情をぶつけ、やがて運命に翻弄されていくひとりの女性を鮮烈に演じる。また、小学生のときに事件を目撃し、「償い」の思いを抱えたまま成長した4人を演じるのは、蒼井優、小池栄子、安藤サクラ、池脇千鶴という演技派女優たち。4人がそれぞれの心の闇に翻弄され、悲劇を引き起こすまでを、どう演じていくかが大きなみどころ。そのほかにも、豪華キャストが集結し、迫真のミステリーを彩る。作品の演出を手がけるのは、『トウキョウソナタ』(2008年)他、数々の作品で世界的に高い評価を得ている黒沢清監督。女性たちはなぜ悲劇を連鎖させてしまうのか、「贖罪」とは何か、作品が投げかけるテーマに挑む。

【「連続ドラマW 贖罪」DVD関連情報】
好評発売中&レンタル中
セルDVDコレクターズBOX【初回生産限定】3枚組 ¥8,990(税込)
発売・販売元:20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング