出演アーティスト「佐藤竹善」、追加決定! ポップス×オーケストラ競演のチャリティフェスティバル ライブ配信に医療従事者 1000 名様ご招待 チャリティグッズも販売

PR TIMES / 2020年9月7日 20時15分

10/17(土)に開催されるポップス×オーケストラ競演のチャリティフェスティバル「billboard classics festival 2020 in Tokyo ~音楽をチカラに~」(主催:ビルボードジャパン(株式会社阪神コンテンツリンク〔阪急阪神ホールディングスグループ〕本社・大阪市福島区)に、NOKKO、ANRI、小柳ゆき、石崎ひゅーいに加え、新たに佐藤竹善の参加が決定。卓越したボーカル力を誇り、音楽のジャンルを横断して活躍する佐藤竹善(SING LIKE TALING)が、「La La La」をはじめとした名曲をフルオーケストラの演奏とともに披露します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/5179/1578/resize/d5179-1578-324891-1.jpg ]

また本公演では、“医療現場の最前線で闘う方々への感謝を歌にのせて届けたい”という思いから、医療従事者1000名様を24時間視聴できるライブ配信にご招待。本来であれば劇場にご招待したいところですが、医療従事者様を取り巻く状況を鑑みライブ配信でお楽しみいただくこととしました。“感染防止対策のために空けた1000席は医療従事者様のご招待席”というコンセプトで、会場とオンラインが一体となって大きなチカラになることを願っております。
加えて、WITHコロナ時代に対応した「マスク」や「マスクケース」「ハンドタオル」などのチャリティグッズを会場&オンラインで販売し、売上金の10%を、「Music Cross Aid」基金、「日本オーケストラ連盟」、「日本医師会」の3団体に寄付いたします。
世界的指揮者・柳(※1)澤寿男のもと、東京フィルハーモニー交響楽団、司会の中井美穂とともに、感染予防対策を徹底した会場での有観客ライブとライブ配信のハイブリッドで、「音楽のチカラ」をお届けします。

演奏予定曲:NOKKO「フレンズ」、ANRI「悲しみがとまらない」、佐藤竹善「La La La」、小柳ゆき「あなたのキスを数えましょう」、石崎ひゅーい「さよならエレジー」他 全15曲予定

■「billboard classics festival 2020 in Tokyo ~音楽をチカラに~」
2020年10月17日(土)15:00開場/16:00開演 東京文化会館 大ホール(JR上野駅 公園口前)
出演:NOKKO、ANRI、佐藤竹善、小柳ゆき、石崎ひゅーい(順不同)
柳(※1)澤寿男指揮 東京フィルハーモニー交響楽団
司会:中井美穂(アナウンサー)

[画像2: https://prtimes.jp/i/5179/1578/resize/d5179-1578-696681-2.jpg ]

佐藤 竹善 Sato(※2) Chikuzen
SING LIKE TALKING のボーカルとして1988年にデビュー。1993年『Encounter』、1994年『Togetherness』の両アルバムはオリコン初登場1位。現在まで14枚のオリジナル・アルバムを発表、総売上300万枚以上を記録している。SING LIKE TALKING 活動と平行して1995年に発表したカバーアルバム『CORNERSTONES』から本格的にソロ活動開始。2007年リリース『INDIGO』は、雑誌『ADLIB』によるアドリブ・アワード 2007 の国内グランプリを受賞。その他、多数のアーティストのレコーディング参加、楽曲提供やプロデュースなども行い、高い評価を受けている。2016年、シリーズ6作目となる「CRONERSTONES 6」を新日本フィルハーモニー交響楽団との共演でリリース。東京フィルハーモニー交響楽団と一夜限りのライブを文化村オーチャードホールで行った。2018年には、SING LIKE TALKING 30周年記念ライブ「SING LIKE TALKING 30th Anniversary Live Amusement Pocket “Festive”」を大阪:フェスティバルホール・東京:国際フォーラムホールAなどで行い、大盛況でデビュー30周年を迎えた。デビュー32年となる2020年、SING LIKE TALKING 初の無観客配信ライブを行い、ますます活発な活動を続けている。
【SING LIKE TALKING オフィシャルホームページ】 https://singliketalking.jp

■“Thanks &With You”医療従事者様1000名ご招待(抽選) 募集方法
医療従事者様専用応募サイト: https://eplus.jp/bbcf2020-st-mw1000/
受付期間:9/10(木)12:00~10/13(火)23:59
当選発表 10/16(金)13:00~10/16(金)20:00
※公演開始(10/17(土)16:00)より24時間視聴可能

[画像3: https://prtimes.jp/i/5179/1578/resize/d5179-1578-438881-0.jpg ]

■チャリティグッズ(売上金の10%を寄付します)
◎商品ラインナップ
・「ビルボードクラシックス」オリジナルマスク(2色)
・大声を上げずに声援を表現できる「“BRAVO”マスク」
・振って応援もできる「“BRAVO”ハンドタオル」
・「マスクケース」(マスクをスマートに収納)他
※9/18(金)より販売サイトオープン予定 詳細は公式HPで発表。

■チケット
下記チケットのほか、通常料金に任意で「1000円」「2000円」「3000円」のドネーション(寄付金)を上乗せできる「ドネーションチケット」も発売します。
◎劇場観覧チケット 7,800円/ペアチケット:15,000円(全席指定・税込)
◎ライブ配信視聴チケット 3,000円(税込)
チケット購入サイト(イープラス streaming+): https://eplus.jp/bbcf2020-st/
視聴可能期間(24時間見逃し配信含む):10/17(土)16:00~10/18(日)16:00

■寄付先:「ドネーションチケット」と「チャリティグッズ」による寄付金(消費税対象外)は全額、下記3団体へ寄付いたします。
1)ライブエンタメ従事者を支援する「Music Cross Aid」基金
2)38のオーケストラ団体が加盟する「日本オーケストラ連盟」
3)日本医師会 指定寄附金「新型コロナウイルス感染症への対応にあたる医療従事者・医療現場への支援」

■公演HP http://billboard-cc.com/classics/bbcf2020_tokyo/
■主催・企画制作:ビルボードジャパン ■後援:米国ビルボード、TOKYO FM、ニッポン放送
■公演に関するお問い合わせ:キョードー東京 0570-550-799(平日11:00~18:00/土日祝10:00~18:00)

(※1)柳は「木」へんに「夘」
(※2)oはマクロン付き


ビルボードジャパン  http://www.billboard-japan.com/

リリース  https://www.hankyu-hanshin.co.jp/release/docs/0fb67d88e2253f0c6c18e6c3ac7a8fc5be183915.pdf

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング