セガとアシアル、アクションパズルゲーム『ぷよぷよ』のソースコードを活用したプログラミング学習教材を共同で提供開始

PR TIMES / 2020年6月25日 10時40分

株式会社セガ(本社:東京都品川区、代表取締役社長COO:杉野行雄、以下 セガ)とアシアル株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:田中正裕、以下 アシアル)は、アシアルが提供するプログラミング学習環境『Monaca Education』において、セガが展開するアクションパズルゲーム『ぷよぷよ』のソースコードを使ってプログラミングを学習できる教材コンテンツ『ぷよぷよプログラミング』の提供を2020年6月26日(金)に開始いたします。なお、本コンテンツは無料でご利用いただくことができます。



『Monaca Education』は、HTML5やJavaScriptといったWeb標準言語でスマートフォンアプリを作りながらプログラミングを学び、生活や社会の問題解決をする力を養うことができるプログラミング学習環境です。特別なソフトウェアのインストールは不要であり、ブラウザを用いてクラウド環境でプログラミング学習を進めていくことが可能です。中学校、高等学校、専門学校、大学など800以上の教育機関におけるプログラミング教育に利用されており、課題研究やコンテストでの実績も多数あります。
[画像1: https://prtimes.jp/i/5397/3374/resize/d5397-3374-424039-1.jpg ]

このたび提供する教材コンテンツでは、HTML5やJavaScriptで記述されたソースコードを書き写す作業(写経)を通して、実際に『ぷよぷよ』のプレイ画面を確認しながらコーディングを行います。
プログラミング初心者にとって書き写し(写経)は、コーディングに慣れる、間違いを自分で発見し修正する能力が身につく、そして完成させたという自信につながります。完成後は背景の「ぷよ」の色を変えたり、「ぷよ」の置ける数を増やすなど簡単な設定の変更など改編も可能です。初級コースから中級・上級コースまでの難易度を用意しており、幅広い学習層に対してご活用いただけます。また、クラウド環境でOSに依存しないため、インターネット環境があれば自宅や教育機関、公共施設が保有する既存PCによる学習や指導が可能になっています。世界中で利用されるプログラミング言語を使い、エンジニアも開発を行う環境でプログラミング学習を行うことができます。
[画像2: https://prtimes.jp/i/5397/3374/resize/d5397-3374-315545-5.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/5397/3374/resize/d5397-3374-198147-3.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/5397/3374/resize/d5397-3374-225134-4.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/5397/3374/resize/d5397-3374-544487-2.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/5397/3374/resize/d5397-3374-634221-0.jpg ]

■『ぷよぷよプログラミング』の利用について
URL: http://puyo.sega.jp/program_2020/
■推奨環境について
対応OS :Windows, Mac, Google Chrome,タブレット(iOS, Android)
推奨ブラウザ:Google Chrome

今回の取り組みでは、セガはコンテンツの企画制作と教育現場への支援を行い、アシアルでは『Monaca Education』への実装を含めサービスの運用などを担当します。プログラミングに精通した指導者がいなくても授業が実現できるように、本コンテンツを通じて小学校、中学校、高等学校、大学でのプログラミング教育を支援していきます。また、セガが開催するeスポーツ大会での訴求も行っていきます。

『ぷよぷよ』は、1991 年に家庭用ゲーム機向けタイトルとして発売以来、四半世紀を超えて愛される国民的落ち物アクションパズルゲームです。落ちてくる同じ色の「ぷよ」をくっつけて消すという単純で分かりやすいゲームシステム、可愛らしいキャラクター、さらに落ち物アクションパズルゲームとして初めて対戦形式を導入したゲーム性によって人気を博し、シリーズ作品は家庭用ゲーム機、アーケード機、スマートフォン向けアプリなどさまざまなプラットフォームに展開されています。また、2018 年にはJeSU(日本e スポーツ連合)ライセンス認定タイトルとなり、e スポーツのプロゲーマーも誕生。これまで多数の競技大会を実施してきました。また、「燃ゆる感動かごしま国体(第75 回国民体育大会)」の文化プログラム「全国都道府県対抗e スポーツ選手権2020KAGOSHIMA」の採用タイトルにもなっています。

セガについて( https://www.sega.co.jp/
株式会社セガでは家庭用ゲーム機、PC、スマートフォン向けゲームの企画・開発・販売・運営及びアーケード機器の企画・開発・販売を軸に事業を展開するほか、ゲーム事業で培ったノウハウを生かしたデジタルサービスやプライズをはじめとしたキャラクター商品の企画・開発・販売等を行っています。家庭用ゲーム機、PC、スマートフォン向けゲーム事業においては、日本国内、及び海外のスタジオにて開発したゲームコンテンツを、日本を始め世界各地に置く拠点を通して全世界にご提供しています。また、アーケードゲーム事業においてはプライズマシン、メダルゲームなど革新的な発想力とそれを具現化する高い開発力により時代を象徴する画期的な製品を多数生み出してきました。

アシアルについて( https://asial.co.jp/
アシアル株式会社は『アジア』発の『リーダー』という社名の元、2002年の創業以来一貫してWeb技術の普及・発展に努めています。企業向けにWebシステム開発、コンサルティング、UI/UX設計、技術トレーニングなど各種サービスを提供しています。また、モバイルアプリ開発クラウド『Monaca』など開発ツールを国内外のエンジニア向けに提供しています。さらに『Apache Cordova』など世界的なOSSプロジェクトへの貢献活動にも力を入れています。本年1月には「アシアル情報教育研究所」を設立し、「プログラミングをもっと身近なものに」をミッションとし、誰でも日常にイノベーションを起こせる未来をつくるために、様々なプログラミング教育支援事業を行っております。

記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
本文書に記載している情報は、発表日時点のものです。
(C)SEGA

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング