“14年の付き合い” G-DRAGONとSOLが喧嘩!!なぜ?

THE FACT JAPAN / 2014年12月10日 17時24分

G-DRAGONとSOLが14年間の付き合いの中で一度喧嘩したことがあると告白した。




「14年の間、一度だけ!」
最高の相性を誇るBIGBANGのG-DRAGONとSOLが14年間の付き合いの中で、だった一度喧嘩したことがあると告白して話題を集めている。
最近、<THE FACT>とのインタビューに応じた二人は、ユニット活動の際に喧嘩したことはないかという質問に、「不思議なことだが、14年間たった一度だけ喧嘩したことがある」と答えた。デビュー前の練習生時代の時から親友として付き合ってきた二人の友情は芸能界でも有名で、男性的な性格が強いSOLと女性的な感性を持つG-DRAGONの相性は抜群だとよく言われている。そんな二人が喧嘩したと打ち明けると、当時インタビューに就いていた記者は、“女が絡まったのではないか”として、その理由を聞くのに躊躇したという。
しかし、意外な言葉が二人の口から出てきた。二人は「中学生時代、バスケットボールを一緒にする際に喧嘩になって、乱闘直前までいった」と大きく笑った。
G-DRAGONは「バスケットボールをする際に、本当に拳を投げてもおかしくない雰囲気になった。一緒にいた友人たちが止めなかったら大きな乱闘に発展したかも知れない」と当時を回想した。SOLも「二人ともBIGBANGのメンバーだったし、後のことを考えて大きな喧嘩にはならなかった。そして実際にもみ合ったら、僕が負ける」と冗談交じりで笑いを誘った。
インタビューを進行した記者は、「韓国はもちろん、海外でも高い人気を博しているお二人だが、ステージから下りると26歳の熱血青年であることが感じられた時間だった」と、これまで見えなかった二人の新しい姿に感心したような表情を浮かべた。
一方、G-DRAGONとSOLは最近ユニットを結成し、シングル『GOOD BOY』を発表した。
THE FACT|パク・ソヨン記者

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング