【企画取材】芸能業界にとって「社会貢献」という意味とは?

THE FACT JAPAN / 2015年7月10日 15時24分

昨年、「茂朱(ムジュ:地名)YG財団」を設立したYGエンターテインメントのヤン・ヒョンソク社長(写真)。ヤン社長は、普段から青少年たちのために社会貢献活動へ大きな関心をみせてきた。所属アーティストのSean(Jinusean)も、ボランティアや寄付活動を精力的に繰り広げている人物で有名だ。|THE FACT DB


ソウル市内の新しく出店する免税店の入札が財界の話頭になっている。10日にその蓋が開けられる“金の卵”のような事業権をとるために、韓国屈指の財閥2世たちが競争し、連日ニュースのヘッドラインを飾る。特に、財閥の地形図を変えられる事業権の評価項目の中、共生および社会還元部門が変数になれるという分析によって、挑戦状を出した各企業は、これまで微々とした寄付額を1年で何倍にも大幅引き上げるなど、今後は寄付活動に力を入れるという約束を掲げて視線を集めた。なら、韓国の上場企業の中、芸能プロダクションは収入のうち、いくらを社会に寄付するだろうか。<THE FACT>は、大衆からの愛を収益の源にする芸能プロダクションの社会貢献活動を点検してみることにし、韓国3大芸能プロダクションであるSMエンターテインメント、YGエンターテインメント、JYPエンターテインメントを対象に取材した。-編集者-
芸能コンテンツは、成長期にいる青少年たちにいろいろと影響を与えられる事業分野であるだけに、社会的な副作用も細かく診断して行うべきという指摘が提起されている。この事業群に該当する会社の場合、売上増大にだけ集中するのではなく、社会貢献にもより力を入れるべきという主張が説得力を得ているからだ。
SMエンターテインメントは、昨年から今年の上半期まで、およそ60回以上を社会貢献活動に参加したことと確認された。代表的な事例は、「2014年アジアパラ競技大会」の公式サポートと、サムスン(SAMSUNG)とともにした移住女性の母国訪問事業だ。
所属アーティストとしては、少女時代のメンバー・ユナが、1億ウォン以上を寄付した高額寄付者らの集いである“Honor Society”の会員として活動しており、SUPER JUNIORのメンバー・シウォンは、ソウルの厚岩洞にある児童福祉センター“ヘシムウォン”で個人的にボランティア活動を行っている。芸能活動がない時は時々知人らと一緒にここを訪れて子どもたちの面倒をみている。

「右手のやることを左手に知らせてはならぬ」SMの関係者は最近、<THE FACT>とのインタビューで、「正直、所属アーティストのボランティア活動を知せるのは負担がある。彼らが自分でやりがいを感じながら行っていることを、あえて公にする必要はないと思う。むしろ、返って変に思われてイメージに打撃を与えるのではないかと憂わしい」と話した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング