[第23回ソウル歌謡大賞レポ] EXOは止まらない!

THE FACT JAPAN / 2014年1月26日 0時0分

「第23回ソウル歌謡大賞」の受賞者たち。|撮影:キム・ドフン記者


[スポーツソウルジャパン|安宰範] 1990年創設され、今や韓国で最も権威のあるミュージックアワードとなった音楽祭「第23回ソウル歌謡大賞」が23日午後7時、ソウルにある蚕室(チャムシル)室内体育館で開かれた。授賞式は、2013年のK-POP界を最も輝かせた12チームが出席。昨年末の熱気を帯びていく、いっそう盛り上がった栄光の瞬間が次々と見られた。
*オープニング*ステージの裏に設置された大型スクリーンから、歴代の大賞受賞者たちの姿が見られると、MCによる歌謡祭の開始を知らせるファンファーレが鳴り、ステージの下で、出演アーティストたちが登場。
最初のガールズグループA Pinkが入場し、続いてBAP、防弾少年団、CRAYON POP、VIXX、キム・イェリム、K.will、Dynamic Duo、The One、SISTAR、EXO、4Minute、INFINITE、少女時代、SHINee、BEASTが、それぞれのヒット曲をBGMにしてステージへ上がった。

*第1部*この日のMCは、SUPER JUNIORのウニョク、A Pinkのチョン・ウンジ、コメディアンのソ・ギョンソクが務め、ソウル歌謡大賞の紹介とともに、受賞者の選定基準を説明。「第23回ソウル歌謡大賞」の受賞者は、2013年1月から12月までに発表されたすべてのアルバムを対象に、歌唱力、人気、創造性、芸術性、企画力と一緒に、デジタル音源およびアルバム販売量(40%)、スポーツソウルの人気度(10%)、モバイルアプリケーションを通じた一般投票(20%)、審査委員会の審査(30%)で、栄誉の大賞受賞者と本賞の受賞者を決定する。


審査員の紹介が続いて、MCのコメントが終わると、まず本賞授賞が始まった。最初の本賞の受賞者はB.A.P。昨年のソウル歌謡大賞で新人賞を受賞した彼らは、今年の「ONE SHOT」で本賞受賞の光栄を抱いた。ステージに上がったB.A.Pは、「昼夜を問わず、僕たちのために苦労してくださる事務所の皆さん、そしてステップの方々に感謝し、何よりもファンの皆さんに感謝します。この賞は、2014年をもっと努力することの意味として受け入れ、もっとK-POPを輝かせることができるアーティストになるようにします」と所感を伝えた。
続く2番目の本賞受賞チームは、A Pinkだった。2012年に新人賞を受賞したA Pinkは、昨年「No No No」という曲で高い人気と一緒に、かわいらしい魅力をアピールしてきた。トロフィーを受けたメンバー・ナウンは、「新人賞に続いて、本賞を受けることになって本当に嬉しいです。私たちのために苦労する所属事務所の家族たち、また、いつも同じところを見て熱心に頑張っているメンバーたち、そしてファンの皆さん、本当にありがとうございます。愛しています!これからもっと一生懸命するA Pinkになります。ありがとうございます」とチームを代表して所感を伝えた。

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング