30代、40代の既婚男女が答えた「20代と比べて金銭感覚のズレを実感した」ベスト5位

LIMO / 2019年6月5日 11時0分

写真

30代、40代の既婚男女が答えた「20代と比べて金銭感覚のズレを実感した」ベスト5位

毎日顔を合わせていると、夫婦げんかの1つや2つ起きてしまうもの。とはいえ、ちょっとしたけんかが離婚に発展してしまった…なんて事態になっては大変です。

そこで今回は、夫婦げんかの原因や対策についてお伝えします。けんかが起きやすい傾向を掴んで、家族仲を深めていきましょう。

夫婦げんかの原因は

そもそも、なぜ夫婦げんかは起きてしまうのでしょうか。ゲンナイ製薬株式会社が公表した「夫婦げんかに関するアンケート調査」の結果から、主な原因を探ってみましょう。

夫が感じている夫婦げんかの原因トップ3(「その他」を除く)

1位・・・家事分担・やり方(25.9%)
2位・・・伝えてある内容を忘れる(14.1%)
同2位・・・連絡がない、遅い(14.1%)

妻が感じている夫婦げんかの原因トップ3(「その他」を除く)

1位・・・家事分担・やり方(27.4%)
2位・・・伝えてある内容を忘れる(19.9%)
3位・・・連絡がない、遅い(12.6%)

割合は微妙に異なるものの、けんかの原因は男女ともに共通しているようです。ただし、割合でいうと一番多かった回答は「その他」でした。

自由回答に目をやると、「ゲームばかりで話を聞いてくれない」「返事がない」「態度や言い方に不満がある」といったお互いのやりとりに関する内容が多く見られます。毎日の不満が募ってけんかが勃発しないよう、いま一度自分の態度を振り返ってみてはいかがでしょうか。

夫婦間の金銭感覚のズレにも注意

さきほどのランキングには入っていませんでしたが、「お金の使い方」で揉めた話もよく聞きます。では、なにに対するお金で揉めるケースが多いのでしょうか。

2017年にSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が行なった調査による、30代~40代の既婚男女が答えた「20代と比べて金銭感覚のズレを実感することが増えたポイント」は以下の通りです。(複数回答)。

男性(夫)が感じている夫婦間の金銭感覚のズレ

1位・・・ファッションや美容へのお金のかけ方(22.1%)
2位・・・飲み会へのお金のかけ方(19.5%)
3位・・・外食へのお金のかけ方(19.1%)
4位・・・食品や日用品へのお金のかけ方(18.3%)
5位・・・趣味へのお金のかけ方(17.9%)

女性(既婚者)が感じている夫婦間の金銭感覚のズレ

1位・・・趣味へのお金のかけ方(34.5%)
2位・・・外食へのお金のかけ方(29.1%)
3位・・・食品や日用品へのお金のかけ方(26.2%)
4位・・・飲み会へのお金のかけ方(24.0%)
5位・・・貯蓄に対する意識の違い(22.8%)

それぞれを比較すると、「お金の使い道に対する意識」は男女間で差があることが分かります。けんかを未然に防ぐためにも、お互いの金銭感覚を把握しておくと安心でしょう。

熟年夫婦が教える「長続きの秘訣」

最後に、長い間生活を共にしている熟年夫婦から長続きのコツを学んでおきましょう。以下の点を意識して、仲の良い夫婦でいてくださいね。

相手の気持ちに寄り添って話す

たとえ正論でも、ハッキリと伝えると相手がそっぽを向いてしまうことも。まるで「自分が間違っている」と指摘されているような感覚になるためです。「ここが間違っている」とストレートに述べるのではなく、相手の気持ちに寄り添った言葉遣いを意識しましょう。

過程にも触れる

相手とやりとりをしているうちに、つい「つまり間違っているのよ」と結論を優先してしまうこともあるでしょう。しかし、これでは相手が素直に話しにくくなってしまいます。

そこで、結論の前にそれまでの過程を振り返ってみましょう。向こうから「実はこんな理由があった」と伝えてくれるかもしれませんよ。

まとめ

お互いのちょっとした意識で、ケンカの発生率をぐっと抑えることができます。自分の意見を頑なに通そうとするのではなく、相手の意見を聞きながら話を進めるとスムーズ。怒りのボルテージが上がったときは、一呼吸して落ち着いてから話し合いを進めてくださいね。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング