【漢字アプライ診断】「ぞう」といえばどの漢字? 答えわかるあなたの嫉妬深さ

占いTVニュース / 2019年10月3日 17時0分

写真

――日本語には、音は同じでも違う意味の漢字がたくさんあります。音だけ聞いて思い浮かべた漢字から、あなたのことを診断してみましょう。
※アプライ=apply(当てはめる)の意味

【質問】
 「ぞう」と聞いて、どんな漢字を思い浮かべますか?

A:蔵
B:象
C:造
D:増

 あなたはどれを選びましたか? さっそく結果をみてみましょう。

【診断できること】
「嫉妬深さ」
 無意識に思い浮かべた漢字が持つ意味で、今のあなたの状態がわかります。今回は選んだ漢字からあなたの嫉妬深さを診断してみましょう。

■A:蔵……120% 大好きな人を鍵をかけてしまっておきたい
 「蔵」という漢字は、穀物をあらわす上部に、槍を持った役人を描いた下部で、穀物倉に厳重にしまっておくことを意味します。この漢字を無意識に選んだあなたは、大切なものほど、大事にしまっておきたいと思っているのでしょう。好きだからこそ、そのすべてを自分のものにしたいのです。できることなら大好きな人を、誰にも見せず触らせずに、蔵の中に鍵をかけてしまっておきたいのでしょう。かなりの嫉妬深さです。

■B:象……80% 小さなことがいちいち気になる
 「象」という漢字は、意味のそのまま、鼻の長い大きな象が描かれています。地上最大の動物をあらわす漢字を選んだあなたの心はとてもデリケートで、小さなことが気になるタイプ。相手の行動や言葉の裏を考えないようにしようと思うほど考えてしまい、あることないこと想像してしまいそう。嫉妬深いことを隠そうとするほど苦しくなるので、もういっそ嫉妬深いキャラになってしまったほうが楽かもしれません。

■C:造……50% ありのままを受け入れる人
 「造」という漢字は、角のある牛を神にささげて、または先祖の霊に祈りをささげて何かを作るという告という部分からできています。祈って作るというこの漢字を選んだあなたは、ものごとをありのままに受け入れる、現実的なところがあるのでしょう。嫉妬は、想像力が豊かなほど広がっていきます。見えないものを考えずにいられるなら、いらない嫉妬をしなくてすみます。嫉妬心は普通か、普通以下でしょう。

■D:増……20% 満たされているから嫉妬しなくていい
 「増」という漢字は、曽という部分が、蒸し器を重ねて積み重なっている様子をあらわし、土編が付いて、土や土器が重なって、増えていくという意味になりました。この漢字を無意識に選んだあなたは、自分自身の中から、愛情やアイデアや優しさが自然とあふれてくる人。自分が満たされているから、人のものをほしがらなくてすむので嫉妬深くはありません。むしろ、みんなでシェアしたらいいと思っているかもしれません。

 これ以外にも「ぞう」と読む漢字があります。違う漢字を思い浮かべた人は、「臓」なら「蔵」、「像」なら「象」、「贈」なら「増」と、部首が同じ漢字の回答欄を参考に読んでみてください。
(高橋桐矢)

>>NEXT:【漢字アプライ診断】「ねん」といえばどの漢字? 答えわかるコミュニケーション力

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング