12星座【恋の失敗】あるある 乙女座は恋愛=結婚で相手に重いと思われる!

i無料占い / 2014年12月5日 17時0分

写真

 失敗なんてするつもりはないのに、「またやってしまった!」を繰り返しているとしたら要注意!! 恋を気持ち任せにしてしまっている証拠です。ハートでたしなむ恋であっても、経験をないがしろにしてはいけません。あなたが陥りがちな恋の失敗はなんでしょうか? 12星座を4つのグループに分けて、ありがちパターンと反省点を把握してみましょう。

■牡羊座、獅子座、射手座……誰でも彼でもアプローチ!
 火のグループに属する星座は、「この人、いい!」と思った瞬間に、身体が勝手に動いてアクションを仕掛けてしまうタイプ。冷静になればどうでもいい相手であっても、なぜか振り返らせようとしている自分がいます。若気の至りで笑えるならいいですが、後悔やトラブルの原因を自ら作っているとしたら問題です。ドラマのようなラブロマンスはステキですが、アクションを起こす前に「本当にこの人でいいのか?」と自問する癖をつけましょう。

■牡牛座、乙女座、山羊座……恋愛と結婚をすぐ結びつけてしまう
 地のグループに属する星座は、ステキな恋愛期間を経た後に、愛するパートナーと結婚し、幸せな家庭を築くという筋書きを人生のプランにするタイプ。理想的な人生の流れではありますが、相手も「恋愛=結婚」と思っていないと、実現の前に逆ギレやダメ出しを食らってしまうでしょう。特に年が若いほど、まだまだ遊びたいと思っている人は多いものです。恋愛と結婚を分けて考えることで、もっと実用的なプランを立てられるでしょう。

■双子座、天秤座、水瓶座……ノリ重視で恋に情熱を注ぎこめない
 風のグループに属する星座は、新しさ求めるあまり1つの恋に情熱を注ぎ込めないタイプ。好奇心やノリのままにその瞬間を楽しんだとしても、次はもっと魅力的な出会いがあるのではという期待と、男女を問わず友達付き合いができるせいで、逆に恥ずかしさや照れが出て、男女関係を茶化そうとすることがあるでしょう。いずれにしても、「この人だ!」と思える人と出会ったら、その人と楽しむ未来に目を向けて飛び込んでみることです。

■蟹座、蠍座、魚座……情にほだされ相手に流される
 水のグループに属する星座は、情にほだされるタイプ。何とも思っていないし、どうでもいい相手だったはずが、悩み相談を受けたり持ち掛けているうちに情が芽生え、それを恋や愛だと思ったり、その状況に流されてしまいがち。過去の恋人に泣きつかれて、放っておけないこともあるでしょう。相手を思う優しさは素晴らしいですが、その優しさが自らを振り回し、願っている幸せを遠ざけていることも。あなたの心の中を整理しましょう。

 「あるある!」と思ったあなたは、今すぐに行動を変えてみて。過去の二の舞を踏むことなく、幸せな恋愛と結婚への道が拓けてくるはずです。
(LUA)

>>NEXT:12星座あるある【結婚できない理由】牡牛座は長すぎた春、蠍座は元カレが忘れられなくて

i無料占い

トピックスRSS

ランキング