台風26号 急速に発達し強い勢力に 猛烈になれば年間最多記録

ウェザーニュース / 2018年10月23日 10時50分

ウェザーニュース

台風26号は23日(火)9時現在、トラック諸島近海を西北西に時速20kmで進んでいます。
中心気圧は975hPa、中心付近の最大風速は35m/sまで発達し、強い勢力になりました。

▼台風26号 10月23日(火)9時
 存在地域   トラック諸島近海
 大きさ階級  //
 強さ階級   強い
 移動     西北西 20 km/h
 中心気圧   975 hPa
 最大風速   35 m/s (中心付近)
 最大瞬間風速 50 m/s

猛烈な勢力へ発達すれば、年間で過去最多に

この後もしばらくは北西方向に進みます。海水温が高く、台風の発達に適した上空の流れになっているため、24日(水)には非常に強い、26日(金)には猛烈な勢力となる見込みです。

今年はすでに猛烈な勢力まで発達した台風が6個あり、この26号も猛烈な勢力になると年間7個となり、1983年を上回る過去最多の記録となります。

週末以降の進路 依然として予想がわかれる

週末以降の進路については、そのまま西よりに進むか、一旦北上したあとジェット気流に乗って東に向きを変えるか、依然として分かれている状況です。後者の場合は小笠原諸島に近づく恐れがあるため、進路の変化にご注意ください。

ウェザーニュースでは、引き続き状況の監視を行い、新しい情報が入り次第お伝えします。

台風の名前

台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。
台風26号のイートゥー(Yutu / 玉兎)は、中国が提案した名称で、民話に登場する月のうさぎのことです。

ウェザーニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング