国際宇宙ステーション/きぼう 20時半ごろ日本上空を通過

ウェザーニュース / 2019年8月5日 15時0分

ウェザーニュース

JAXA(宇宙航空研究開発機構)によると、5日(月)20時半ごろに国際宇宙ステーション/きぼうが日本付近を通過します。

遮る雲が無ければ、九州〜北海道にかけての広い範囲で、国際宇宙ステーション/きぼうを観測出来るチャンスがあります。

気になる天気は?

太平洋側のエリアは、台風8号から流れこむ湿った空気の影響で雲が広がりやすくなるため、観測にはあいにくの空模様となりそうです。

一方、日本海側のエリアは西日本を中心に晴れる見込みで、広い範囲で上空を通過する国際宇宙ステーションの様子を見ることができそうです。

見やすい場所は?

空が開けていて、周りに高い建物が少ないほうが見つけやすいです。

ただ、通常の天体観測とは異なり、空が真っ暗なところに行かなくても大丈夫です。条件がよければ-2等星ほどの明るさ(1等星の約15倍)になる国際宇宙ステーションは、街中でも見つけやすく、方角と仰角が合えば公園や家のベランダで気軽に見られます。

国際宇宙ステーション/きぼうって?

国際宇宙ステーション(ISS)は、地上約400km上空に建設された、人類史上最大の宇宙施設です。(中略)
特別な環境を利用して、宇宙での実験・研究や地球・天体の観測などを行うプロジェクトが国際宇宙ステーション(ISS)計画です。(出典:JAXA)


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング