東京で今年初の猛暑日を観測 去年よりは6日遅い

ウェザーニュース / 2020年8月7日 12時0分

ウェザーニュース

今日7日(金)の東京は午前中の早い時間から気温が上がり、今年初の猛暑日となっています。

去年に比べると6日遅い観測

今日は関東で気温が上がりやすい、西よりの風が吹く気圧配置で、東京都心では8時過ぎに30℃を超えるなど、早い時間から気温が上昇しました。強い日差しによって時間を追うごとに気温は上がり、11時38分に35℃に到達しています。

35℃以上の猛暑日になるのは今年初で、去年に比べると6日遅い観測です。

気温の上昇により暑さ指数(WBGT)も軒並み高く、11時の段階で東京都心やさいたま市など各地で危険レベルの31を上回っています。午後も気温の高い状態が続きますので、熱中症への備えは万全にしてください。室内の温度も上がりやすいので、適切にエアコンを使用しましょう。

参考資料など

写真:ウェザーリポート(ウェザーニュースアプリからの投稿)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング