週前半は本格的な雪 北海道は札幌など市街地でも積雪予想

ウェザーニュース / 2020年11月8日 12時15分

ウェザーニュース

今夜から10日(火)にかけて、今季最も強い寒気が北日本に南下します。
平地で雪になる目安とされる上空1,500mで-6℃の寒気が東北北部まで南下し、北海道の上空は-9~12℃という更に一段強い寒気が流れ込みます。

今夜遅く雨が雪に変化 内陸部では大雪のおそれ

予想積雪量 9日(月)-10日(火)24時

北海道の道北内陸部では、今夜遅くから雨が次第に雪に変わり、明日9日(月)は道東太平洋側を除く道内の広範囲で雪が降る見込みです。

日本海側では札幌市など市街地でもしっかりと雪が積もり、多いところでは10~20cm程度の積雪が見込まれます。内陸部山沿いでは多いところで30~40cmクラスの積雪で大雪になってもおかしくない寒気の強さです。

東北北部で初雪の可能性

上空1500m付近の寒気予想 10日(火)9時

東北でも北部を中心に雪が降り、青森市や盛岡市では初雪が観測される可能性があります。上空の寒気のピークは10日(火)とみていますが、11日(水)まで寒気の影響が残り北海道を中心に雪が降りやすい状況が続く見込みです。

今日の内に雪への備えを

車の運転には冬タイヤの装着が欠かせません。交通機関に影響が出るおそれもあるので、少し時間に余裕をもって移動すると良さそうです。週末のうちに可能な限り雪への備えを済ませるようにしてください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング