九州は今夜、局地的に雪が強まる 北陸など短期間の積雪急増に厳重な警戒を

ウェザーニュース / 2021年1月8日 15時30分

ウェザーニュース

今日8日(金)の午後も日本付近は冬型の気圧配置が続いています。上空に非常に強い寒気が流れ込んでいる影響で、日本海側の広い範囲で雪雲が発達し、時間を追うごとに積雪が増えている状況です。

新潟や富山で積雪が急増

8日(金)午後の新潟県長岡市の様子

午後も積雪の増加が最も目立つのが北陸です。JPCZ(日本海寒帯気団収束帯)の周辺で形成された活発な雪雲が断続的に流れ込んで、1時間に5~10cmの雪を降らせています。新潟県十日町市では15時までの24時間に降った雪の量が、101cmに達しました。山沿いだけでなく、平野部でも積雪が増加しており、15時現在で富山市が83cm、金沢市が20cm、福井市で46cmと、いずれも3シーズンぶりの大雪となっています。

また、発達した低気圧に向かって吹き込む湿った風の影響を受けている北海道のオホーツク海側も局地的に雪が強まり、遠軽町は今日だけで50cm以上の新たな雪が積もりました。

短期間に急に積雪が増加していることで、一部で立ち往生などの交通障害が出始めています。

九州は今夜、雪が強まって積雪増加のおそれ

9日(土)0時の雪・雨の予想

九州の積雪は午後になって気温が1℃台まで上がった所を中心に少し減少傾向で、14時の段階で福岡は2cmの雪が積もっている一方、佐賀や長崎は0cmとなりました。ただ、気温の低い内陸部は依然として積雪の多い状況が続き、ウェザーニュースによる解析では、10cm以上の所が見られます。

今夜は九州に、上空5000m付近で-36℃以下の非常に強い寒気が近づく影響で大気の状態が不安定になり、雪雲が発達しやすくなる見込みです。各地で雪が強まり、気温の低い夜間帯ということで、積雪が増加するおそれがあります。明日9日(土)の朝までに市街地で5~10cm、内陸や山沿いでは10~20cmの新たな雪の積もる予想です。福岡市で5cmの積雪になれば、2012年以来9年ぶりになります。

万が一九州道などで長期の通行止めが発生すると、物流の停滞により、今後スーパーやコンビニなどで食料品などの品薄状態となる可能性もありますが、できるだけ多くの方に物資が行き届くよう不要な買い占めはおやめください。

明日にかけて積雪増加で生活に支障の出るおそれ

10日(日)朝までの積雪の予想

明日9日(土)にかけても強い冬型の気圧配置が続き、JPCZ(日本海寒帯気団収束帯)周辺の活発な雪雲がかかりやすい北陸は、引き続き積雪急増の危険性が高くなります。JPCZの位置が少し南に移動すると見られ、石川県から福井県の山沿いで10日(日)朝までに1mを超えるような雪が降る見込みです。

西日本でも九州だけでなく、普段はあまり雪の積もらない、中国地方の山陽エリアや四国の広い範囲で5cm以上、山沿いでは20cmに達するような雪になる予想です。

倒木や樹木の垂れ下がりによる停電や鉄道の線路支障が発生したり、積雪による線路のポイント故障や路面凍結によるスリップ事故の発生、都市高速の通行止め、立ち往生による大規模な車両滞留などに発展するおそれがあります。屋根からの落雪の危険性も高まり、山間部では雪崩に警戒が必要です。

積雪や路面凍結によりスリップ事故等の発生が懸念されます。冬用タイヤやタイヤチェーンなどを装備していない車の運転は危険を伴いますので、行わないでください。

参考資料など

写真:ウェザーリポート(ウェザーニュースアプリからの投稿)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング