1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

今日27日(金)の天気 晴れるところ多く厳しい残暑 引き続き熱中症警戒

ウェザーニュース / 2021年8月27日 5時20分

ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・東京や名古屋で35℃の猛暑日予想
・ゲリラ豪雨は関東などの山沿い中心
・北日本は雲多く、日本海側は雨も



今日8月27日(金)は太平洋高気圧が勢力を強め、晴れるところが多い予想です。

東日本や西日本では昼間は厳しい残暑となり、東京では2日連続で最高気温が35℃以上の猛暑日になる可能性があります。熱中症に警戒してください。

東京や名古屋で35℃の猛暑日予想

気温の予想 27日(金)14時

日本の南で高気圧が勢力を強めるため、西日本や東日本、東北南部では晴れて強い日差しが照りつけます。日射の影響と高気圧がもたらす暖気の影響で、各地で気温が高くなり、真夏の暑さとなります。

東京や名古屋では最高気温が35℃以上の猛暑日となる可能性があり、内陸ではさらに気温が上がるところがあります。長時間にわたる屋外での行動は避け、屋内であっても適切なエアコンの使用や、水分・塩分補給などで、熱中症予防を心がけてください。

<今日27日(金)の予想最高気温>
36℃:岐阜
35℃:前橋、さいたま、東京、甲府、名古屋、京都、奈良
34℃:横浜、千葉、津、大阪、岡山、高松、高知 など

ゲリラ豪雨は関東などの山沿い中心

高気圧が勢力を強めるため、雨が降るのは一部の地域で広範囲にはならない予想です。

九州北部や中国地方の西側の地域では、一時的に雨の降る可能性があります。大気の状態が不安定な状況は解消傾向で、ゲリラ豪雨の可能性があるのは関東甲信の山沿いや内陸の地域など一部に限られそうです。

北日本は雲多く、日本海側は雨も

湿った空気や上空の寒気の影響で、北海道や東北地方では日本海側ほど雲が広がり、一部で雨が降る見込みです。

ただ、北海道や東北北部の内陸では最高気温が30℃前後まで上がり、蒸し暑くなります。熱中症にご注意ください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング