窪田正孝をもう許してあげて! 『僕たちがやりました』『東京喰種』

Woman.excite / 2017年7月15日 22時0分

写真


© 2017「東京喰種」製作委員会


窪田正孝ファンの方々、おまたせしました! 待望の窪田くん主演の連ドラ 『僕たちがやりました』が7月18日(フジテレビ/毎週火曜22時~)よりスタート。さらに、彼が主演を務める人気コミックの実写化作品 『東京喰種 トーキョーグール』も7月29日(土)に公開されます。

この2作で共通しているのは、ごく普通の学生生活を送っていた平凡な青年が、ある日突然、ものすごい逆境に突き落とされるという “巻き込まれ型”の主人公だという点です。守備範囲が広い役者、窪田正孝の魅力をがっつりおさえます。

■美しい顔をゆがめ、葛藤する姿に萌え!

窪田正孝は、本当に役柄の守備範囲が広い。お茶の間の人気を獲得したNHKの朝ドラ 『花子とアン』の朝市などのいちずな青年役から、ドラマ版『デスノート』の夜神月(やがみらいと)の追い詰められた白進の演技、『MARS~ただ、君を愛してる~』の桐島牧生などの狂気に走る役。また、キレキレのアクションも見事にこなしてきました。

藤原竜也主演ドラマ 『リバース』の最終回では、同じ湊かなえ作品として放送された『Nのために』の成瀬慎司役として登場したときは、ネットでも騒然となり話題に。

いずれの役どころでも胸がキュンとなるのは、人懐っこい笑顔はもちろんのこと、とんでもない負荷が与えられたときに見せる苦渋の表情です。美しい顔をゆがめ、葛藤する姿が、萌えポイント。『僕たちがやりました』と『東京喰種 トーキョーグール』は、そんな窪田くんの魅力をがっつりおさえた作品です。

■「もう許してあげて!」の負の連鎖『僕たちがやりました』

『僕たちがやりました』は、金城宗幸原作の人気コミックのドラマ化作品。窪田くんが演じるのは、平凡な草食系の高校生・ 増渕トビオ役ですが、 実年齢28歳とは思えないほど、制服がしっくりとなじんでいます。

ある日、トビオたちは、ヤンキー高校の不良グループに仲間をボコボコにされた腹いせに、ちょっとしたイタズラの復しゅう計画を立てます。ところがその決行日、とんでもない事態に! ヤンキー高校で大爆発が起こり、トビオたちは“爆破事件の容疑者”となってしまいます。

そこそこ平凡だったトビオの人生が一変し、罪悪感にさいなまれながらの逃亡生活がスタート。刑事や教師の追跡や、不良たちの報復、仲間割れ、大好きなあの子との別れなど「もう許してあげて!」といわんばかりの 負の連鎖で、トビオはどんどん追い詰められていきます。でもその疲へい感がにじみ出た窪田くんの表情がなんともたまりません。

■「心中、お察し申し上げます」の苦悩に。『東京喰種 トーキョーグール』

『東京喰種 トーキョーグール』

©2017「東京喰種」製作委員会


『東京喰種 トーキョーグール』は 石田スイの人気コミックの実写版映画で、人の命を奪い、肉をくらって生き続ける “喰種”(グール)と人間の戦いを描く衝撃作です。

窪田くんが演じたのは、これまたごく普通のどこにでもいるような大学生・カネキこと 金木研(かねきけん)役。ところが喰種に襲われて瀕死(ひんし)状態となり、その喰種の臓器を移植されたことで、半喰種となってしまいます!

『東京喰種 トーキョーグール』

©2017「東京喰種」製作委員会


『僕たちがやりました』と同じく、平凡だった人生は激変し、自分が喰種化したことに苦悩していきます。ちなみに喰種化したカネキのビジュアルは、喰種特有の“赫子(かぐね)”という殺傷能力のある捕食器官が生え、とってもクール。とはいえ、吸血鬼のように血を吸うだけではなく、人をバクバクむさぼるわけで、もう「心中、お察し申し上げます」という感じでしょうか…。

いずれにしても、両作とも窪田正孝の俳優力と、予断をゆるさないスリリングかつエキサイティングなストーリー展開にうなる快作となっております。

また、8月にはもう1本、窪田正孝が出演する映画シリーズ第2弾 『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』(8月19日公開)も待機中。この夏は、窪田ファンなら狂喜乱舞しそうな“窪田正孝祭り”となりそうです。

『東京喰種 トーキョーグール』
『東京喰種 トーキョーグール』

©2017「東京喰種」製作委員会


出演:窪田正孝 清水富美加 鈴木伸之 桜田ひより 蒼井優 大泉洋
監督:萩原健太郎
原作:石田スイ 「東京喰種 トーキョーグール」 集英社「週刊ヤングジャンプ」連載
2017年7月29日 全国ロードショー
公式サイト: tokyoghoul.jp

(山崎伸子)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング