1分でできる! さば缶のリエット風

Woman.excite / 2017年9月28日 6時0分

写真

うちの娘は、肉と卵が苦手。

アレルギーがあるわけではないのですが、最近では保育園の給食でも「今日も食べてくれませんでした」と報告がくるくらい、苦手がピークのよう。

なので、朝食が困ります。夕食であれば、時間をかけて励ましながらお肉や卵をなんとか食べさせることは可能ですが、朝は時間との戦い。

ちゃちゃっとできる朝食の定番、目玉焼きとハムなんていうメニューは決して食べてくれません。

でも栄養士の母としては、朝食でもしっかりたんぱく質をとってから保育園に行ってもらいたい…。となると魚メニューが最適なのですが、朝から魚を調理するのは難しいので、缶詰に頼ることに。

©sasazawa - stock.adobe.com


それがさば缶です。さばの水煮缶とヨーグルトを混ぜると、リエットのような、ディップのようなペーストになります。最近は、これをたっぷりパンにぬって、朝食で食べさせることが多くなりました。

■さば缶のリエット風


レシピ制作:長 有里子


<材料 作りやすい分量>
さば缶 1缶(190g)
ヨーグルト 大さじ4
おろしにんにく 少々
必要であれば、塩 適量

<作り方>
1、さば缶は缶汁を切り、身だけボールに入れる。
2、ヨーグルトとおろしにんにくも加え、スプーンでつぶしながら混ぜる。
3、味をみて、必要であれば塩を加える。


「さばとヨーグルトって合うの?」と思われるかもしれませんが、ツナのような味わいになるんですよ。育ち盛りの子どもには、カルシウムもちゃんととって欲しいので、これを塗ってからピザ用チーズをかけて焼くことも。

バゲットやクラッカーにのせれば、ホームパーティでもつかえます。つぶしながら混ぜるだけなので、1分でできるといっても嘘ではありませんよ。

(長 有里子)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング