1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

3年後…意外な形で解決した! /小学生のお友達トラブル(7)【4人の子育て! 愉快なじゃがころ一家 Vol.99】

Woman.excite / 2021年7月20日 7時0分

写真

前回からのあらすじ
長女に続き、今度はA君の弟と次女とのトラブルが! 親同士は気まずい感じになってしまい…。

A君と弟…長女と次女、それぞれにトラブルが起きてしまったため、親同士はなんとなく気まずい関係になってしまいました。

ですが、学校生活で子どもたちがお互い問題なく過ごせているなら、親同士が無理に仲良くする必要はないかな…と、会えば挨拶をするというマナーは守りつつ、特に何も関わりがないまま過ごしていました。


それから3年の月日が流れ、長女4年生、次女3年生となりました。小学校が少人数だったため、長女も次女もA君兄弟とはそれぞれ相変わらず同じクラスでした。

そして2月入ってすぐの事…。
2人の娘から、買い物に連れて行ってほしいと頼まれました。

そう、バレンタインの買い物です。


長女も次女も! バレンタインのチョコを2人ともA兄弟へあげるとのこと!
「正直もう学校以外では関わらないほうが良さそう…でも、親同士が気まずいからって子どもの交友関係に口を挟むわけにいかないな」と思い、娘が思う通りにさせることにしました。

そして数日後…バレンタイン当日。

長女も次女も放課後キャッキャしながらA君宅(そしてF君、M君宅)へ訪問し、無事に直接チョコを渡して帰ってきたようです。

そして、その日の夕方のこと…。





なんと…本当に電話がかかってきました!

そして「どういうチョコですか!?」と言われても…。
Aさんの質問の意図がイマイチわからないまま、私なりに答えたところ…






とご機嫌な様子、突然豹変した態度にあっけにとられてしまいました。

「チョコくれるなんてね〜わからないものね〜」という言葉の意味は…? といろいろ考えてしまいましたが、とりあえず差しさわりなく会話し電話を切りました。


それからのAさん、ばったり会っても気まずさはなく笑顔で挨拶してくれるようになりました。

なんと…子ども同士のトラブルから発生した親同士の気まずさは、子ども同士が仲良くなったことで解消されたのでした。

子ども同士は、ケンカをしても成長すると仲良くなったりするなど関係性も変わりやすいことを実感し、まさに時が解決してくれることもあるんだな…と思ったエピソードでした。
(じゃがいもころりん)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング