ポン・ジュノ監督が緊急来日! 「スノーピアサー」プレミア試写会

Wow!Korea / 2014年1月31日 9時58分

団長安田 (安田大サーカス)、ポン・ジュノ監督、森脇健児

斬新な映像、緻密な構成、完璧なストーリーテリング力で見る者を圧倒し、世界がその才能に注目する監督ポン・ジュノ。若き鬼才が初めてインターナショナル・キャストを迎え、英語作品として世界に発信する「スノーピアサー」(原題:雪国列車)がいよいよ2月7日(金)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズ他全国ロードショーとなる。

本作は2014年7月、地球温暖化を食い止めるために散布された人工冷却物質により、新たな氷河期を迎えた世界で、永久機関をもつ列車、「スノーピアサー」に乗り込んだ人々だけが生き残り、それ以外の生物は絶滅。それから17年後の2031年、前方車両の富裕層によって過酷な支配を受け、後方車両に隔離された貧困層は、平等な社会を、そして人間の尊厳を取り戻すために革命を起こすというストーリー。

本作の公開を記念し、ポン・ジュノ監督が1月29日に緊急来日。プレミア試写会で舞台あいさつを行った。そして今回、映画の主人公・カーティス同様、過酷な芸能界を、前へ前へと走り続け、革命を起こすべく奮闘するリーダー・森脇健児と、森脇を師と仰ぐ団長安田 (安田大サーカス)も参戦した。

「スノーピアサー」プレミア試写会の会場である角川シネマ有楽町には、世界的鬼才の待望の最新作ということで多くの映画ファンが詰めかけ、大盛況。超満員の観客を前に、ポン・ジュノ監督は「こんなにたくさんの方に来ていただいてありがとうございます。これまで韓国以外の多くの国で公開されてきましたが、日本は鉄道マニアが多い国ということで、映画をどう観ていただけるのか楽しみにしています。」とあいさつ。

フランスのコミック「LE TRANSPERCENEIGE」を原作に選んだことについて、「列車そのものにひかれました。2時間まるまる列車を撮ることができるのは滅多にない機会。その中にいる人たちは富裕層、貧困層とそれぞれいて、彼らが氷河期の中を闘う。それが赤裸々に描かれているのに惹かれました」と、その漫画との出会いが新たな映画を作る動機になったことを明かした。

「ノアの箱舟」というべき列車「スノーピアサー」の中は強烈な格差社会が存在し、前方車両に乗る富裕層から虐げられている後方車両の人々が革命を起こす本作。主人公のカーティスは革命を導くリーダーで、若き“アメリカン・ヒーロー”のクリス・エヴァンスが演じている。起用のきっかけとしては、「彼は『キャプテン・アメリカ』など、筋肉の発達したマッチョな俳優というイメージを持たれていますが、それが全てではありません。シリアスで繊細。そういった映画での姿に加えて、暗く、繊細さも持ち合わせていて、両方が共存しています。今回はそれを見せたいと思いました。」と語った。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング