【個別インタビュー】イ・ジャンウ「涙のシーンでチャン・グンソクを笑わせてしまい申し訳なかった」

Wow!Korea / 2014年2月25日 16時18分

俳優イ・ジャンウ

2月21日(金)東京・渋谷公会堂、22日(土)東京・品川ゆうぽうとホールにて、ファンミーティング「イ・ジャンウ ヴァレンタイン パーティー 2014」を開催した俳優イ・ジャンウ。年上のヒロインと恋に落ちる年下男を熱演した「アイドゥ・アイドゥ~素敵な靴は恋のはじまり」、明るく正義感の強いキャラクターを演じた「オ・ジャリョンが行く」などで日本でも人気を集め、最近ではチャン・グンソクと共演し、神秘的な魅力を発揮した「きれいな男(原題)」に出演。ますます演技の幅を広げ、今後の活躍が期待される彼が21日、ファンミーティングの開演前、リハーサルの合間を縫って、個別インタビューに応じてくれた。

長身で小顔、肌がツヤツヤしていて、少女漫画から飛び出してきたようなビジュアル。キラキラしたオーラをまとい、さわやかな笑顔でインタビューの場所に現れたイ・ジャンウ。母は元歌手で、従兄弟には歌手ファニ(「Fly To The Sky」)がいる音楽一家で育ったことでも知られ、今回はその美声をたっぷり披露するという彼が、約1年ぶりとなる今回の日本ファンミーティングを前にした心境や、「きれいな男」の撮影秘話、恋愛観、そして近況などを気さくに率直に語ってくれた。

-昨年2月17日に東京・山野ホールで行われた1stファンミーティング以来、約1年ぶりのファンミーティングです。今の心境はいかがですか?

とても気分がいいですね。1年ぶりに日本に来たので、すごく意味深いです。本当はしょっちゅう来られればいいんですけど、ドラマの撮影などもあり、なかなか来られなかったので、今回はいろいろ準備してきました。僕自身も、とても楽しみです。

-東京はここ最近、週末にかけて大雪でした。久しぶりの東京の印象はいかがですか?

韓国もありえないぐらい、雪が積もったんですが、日本も雪がたくさん降ったと聞いて、すごく心配していました。飛行機から降りるとき、雪が少し残っていましたが、東京の街はきれいに除雪されていたので、その素早い対処がすごいなと。韓国もそういう面を見習わないといけないなと思いました。

-今回はヴァレンタインパーティーということですが、どんな一面を見せようと思っていますか?

今回は歌をたくさん歌います。前回と違って、もう少し肩の力を抜いてやれたらなと思っています。前回から1年ほど間が空きましたが、その間、韓国でのイベントにまで来てくださったファンもいらっしゃり、顔を知っている方も多いので、今回は客席を下りて、ファンの皆さんと近くで触れ合いながら、楽しみたいです。前回は僕自身を知ってもらう、あいさつのようなファンミーティングでしたが、今回は皆さんと一緒に遊びたいです。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング