1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. アジア・韓流

【公演レポ】日韓交流コンサート「韓Fun LIVEファイナル」で河村隆一、John-Hoon、「WAZZ UP」が熱唱!

Wow!Korea / 2014年3月13日 15時22分

「国と国は大変なこともあるけれど、アーティスト同士は音楽でいいものをつくっていきたい」と語ると、大きな賛同の拍手を得た。最後に選んだ曲は「深愛~only one ~」。声量ある見事な歌唱力に客席は魅了された。

再びMCにヒョンギが登場し、トークセッション。韓国では河村隆一の歌は女性を口説くときに最適だと言い、自らも彼のファンであることを明かした。作詞作曲を手がけ日本国内外問わず、様々なアーティストに楽曲を提供している河村隆一。そんな彼が楽曲提供したJohn-Hoonが韓国からのスペシャルゲストとしてステージに現れると、大きな歓声で迎えられ、「皆さん久しぶりです。John-Hoonです」と日本語であいさつ。

「MESSAGE」で楽曲提供した河村隆一に対してJohn-Hoonは日本語で、「河村隆一さんは韓国でも日本の最高の歌手。会えたことだけでも光栄なのに、それで作曲までしてくれてとても光栄で、さらにプレゼントに吸入器をくれてうれしかったです」と爽やかな笑顔で語った。

最後に「音楽の祭典はオリンピックと一緒で、難しいことがあっても音楽家同士はいいものをつくっていきたい。John-Hoonには才能を感じているのでこれからもコラボレーションを通して自分も勉強させてもらいたい」と語り、John-Hoonとハグを交わして、河村隆一はステージを後にした。

続くヒョンギとJohn-Hoonのトークコーナーでは日韓の違いに話が及ぶ。日本に来たときの印象を聞かれ、「似ていると思ったけど、違いも多かった。例えば日本はご飯が大事、韓国はご飯よりおかずが大事とか。あと日本は韓国より、せんざい?ぜんさい?」と言い、ファンから「繊細」と指摘されると「あっ、せんさい!」と笑顔で言い直す場面も。

日本でも衛生劇場で4月20日から先行放送、5月からの本放送が決まっている主演ドラマ「彼女の神話」で財閥3世役を演じている俳優John-Hoon。スクリーンにドラマのハイライトが映し出されると、ファンも熱心に見入っていた。ドラマの見どころを聞かれ「『彼女の神話』は“彼女”のサクセスストーリー。成功の中で愛や戦い、人生が描かれています。コミックとかラブラインとかもあります」と語り、財閥3世のト・ジンフ役について聞かれると「両親の愛を知らずにわがままに育ち、彼女と出会って愛を知り成長するストーリーです」と日本語で丁寧に答えた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング