【イベントレポ】笑顔も涙も胸キュンも、この街には全部ある! 「新大久保ドラマ&映画祭2014」開幕式

Wow!Korea / 2014年3月24日 23時47分

「新大久保ドラマ&映画祭」広報大使の俳優キム・シフ

2014年3月21日(金)から3月30日(日)の10日間、東京・新大久保にて開催される「新大久保ドラマ&映画祭」が幕を開けた。初日となる3月21日、11時から行われた記者会見には広報大使を務めるキム・シフ、公式応援サポーターのアイドルグループ「BIGSTAR」と「G.I.」が記者会見に出席し大勢のファンが会場に駆けつけるなど、初日から大きな関心を得ている今回の映画祭。同日の15時より東京・新宿の韓国文化院ハンマダンホールにて開幕式と祝賀公演が開かれた。

オープニング早々、「BIGSTAR」が登場し会場に駆け付けたファンはメンバーの名前を呼ぶなど大興奮!Feel Dogがアクロバットを見せるダイナミックなダンスが特徴の「HOT BOY」を披露し会場を暖めた。

続いて「G.I.」が登場。「Beatles」を披露しセクシーなダンスと力強い歌声で華を添えた。

今回の映画祭で上映される作品はドラマ6作、映画16作を合わせた計22作品である。日本でも人気の高いドラマ「ラブレイン」や「イタズラなKiss~Playful Kiss~」の劇場版や、イ・ビョンホンが主演した映画「王になった男」、日本初公開となる映画も上映されるなど豪華なラインナップとなった。

文化を通して「共に生きる」社会の実現を目指す、をテーマに開催された今回の映画祭。公募で選ばれた日本と韓国の一般人が映画のみどころを紹介するなど、随所にテーマである「共に生きる」を感じることができた。

ここで広報大使であるキム・シフが登壇し歓迎の拍手を受けた。

「こんにちは。新大久保ドラマ&映画祭、広報大使のキム・シフです。よろしくお願いします。」と深々と頭を下げた。続けて「お忙しい中、たくさんの方にお越しいただき感謝いたします。日韓交流のシンボルである新大久保でこの映画祭が開催されましたことをとてもうれしく思っております。今回様々なドラマや映画が上映されると思いますが、楽しんで見ていただくのはもちろん、韓国への今以上の関心をお願いいたします。これを機会に多くの方に韓国の文化に触れていただければうれしいです。ありがとうございます。」と再び頭を下げ、今回の映画祭への情熱を表した。

オープニング作品の「愛のバトン」に主演したイム・ジギュが登場。「こんにちは。私は韓国から来た俳優、イム・ジギュと申します。」と流暢な日本語であいさつをした。続けて「この映画は感動と笑い、そして“回復”がある映画です。題名のようにみなさんに愛を繋ぐことができる映画になっていると思います。現在、日韓の関係は少し冷え込んでいるところがあると思いますが、今回の映画祭と『愛のバトン』が両国の関係に回復と愛を与えることができればとうれしいです。ありがとうございます。」と語ると、会場からは惜しみない拍手が送られた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング