俳優キム・ジョンテ親子、「スーパーマンが帰ってきた」降板へ

Wow!Korea / 2014年6月10日 17時9分

キム・ジョンテ

去る6月4日、韓国の地方選挙遊説場に息子ジフ君と参加して問題となった俳優キム・ジョンテが、KBS2TVバラエティ番組「ハッピーサンデー-スーパーマンが帰ってきた」から自主降板することがわかった。

キム・ジョンテは10日、所属事務所を通じて「公人として慎重でなかった行動について、非常に申し訳なく思っている」とし「このことによって『スーパーマンが帰ってきた』を一緒にしている他の4家族に、これ以上心配をかけないために自主降板することに決めた」と明かした。

続けて「公人として不適切な行動により物議をかもし、ファンやこれまで愛して下さった方々を失望させてしまったことを心からお詫びする」と付け加えた。

制作陣も「キム・ジョンテが最近浮上した一連の問題による心的苦痛で、制作陣側に降板の意思を示し、これを受け入れた」とし「キム・ジョンテは来る15日の放送を最後に降板する。他の出演者への議論はまだ行っていない」と述べた。

キム・ジョンテは去る1日、息子と共にセヌリ党のナ・ドンヨン慶南ヤンサン市長候補(元当選者)の選挙遊説現場に参加し、視聴者たちから非難を受けていた。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング