腕骨折手術を終えたコン・ヒョジン、25日ドラマの日本ロケに合流

Wow!Korea / 2014年6月23日 9時50分

コン・ヒョジン

交通事故で腕の骨折手術を受けた韓国女優コン・ヒョジンが来る25日、撮影現場に復帰することがわかった。

所属事務所は23日「コン・ヒョジンは現在、安静にしてコンディションや怪我の回復に努めている」とし「来る25日、日本の沖縄で行われるドラマ撮影に合流するだろう」と明らかにした。

続けて「今回のロケ撮影はずいぶん前から計画されていたもので、撮影日程の延期は不可能だが、コン・ヒョジンの怪我の状況を勘案し、台本の修正が行われる予定で、また撮影もできるだけ俳優に無理のない範囲で行われるだろう」と付け加えた。

コン・ヒョジンは去る19日、SBSドラマ「大丈夫、愛だ」の撮影を終えてソウルに移動中、京畿道(キョンギド)龍仁市(ヨンインシ)嶺東(ヨンドン)高速道路 仁川(インチョン)方面の新葛(シンガル)ジャンクション付近で3台の玉突き事故に遭い、左腕を骨折する重傷を負った。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング