【イベントレポ】イ・ジュンギ “ガンマン”ジュンギが愛の銃弾を連射!

Wow!Korea / 2014年7月28日 11時23分

俳優イ・ジュンギ

映画「王の男」ではその中世的な姿で韓国で「綺麗な男シンドローム」を巻き起こし、ドラマ「アラン使道伝」、「TWO WEEKS」など、数々のドラマ・映画に出演し、日韓はもちろんアジア各国で絶大な人気を誇る俳優イ・ジュンギが7月18日(金)東京・渋谷公会堂にて、「AMOREPACIFIC presents イ・ジュンギ シークレット イベント」を開催。

同イベントは韓方ヘアケア「呂」の製品購入者限定イベントで、応募総数5000以上から幸運にも抽選で招待された2000名が会場に集った。

イ・ジュンギが軽快な音楽にのって、迷彩柄のスーツ姿で登場すると会場のテンションは一気に上昇!会場の熱い声援に応えるように、イ・ジュンギはステージの右、中央、左と一礼し、ファンへ敬意を示した。

1階、2階と満席の客席に「ハハハ。すごいですね」と驚きの声を上げ、「お久しぶりです。お元気でしたか?私も元気です」と満面の笑顔。「みなさんの俳優、イ・ジュンギです!ハセガワハンゾウです(笑)」とあいさつすると一段と大きな歓声が会場を埋め尽くした。

「みなさんとは今年の初めにお目にかかりましたよね。ドラマの撮影で今年はお目にかかれないかと思いましたが…早かったですね」と久しぶりの来日に「いつもは『イ・ジュンギ』というプラカードですが今日は『ハンゾウ』が多いですね」と最新主演ドラマへの関心が高まっているようすに笑みを浮かべ、「今日もよろしくお願いします」とここまで、日本語で話し、トークコーナーへ。

「撮影で昨日も徹夜でしたが新しいパフォーマンスをお見せしたいと思います(笑)」とし、「森の中で眠る王子。(イベントが)始まった時から眠る王子。皆さんと一緒に眠る王子っていかがですか?」とユーモアたっぷりにステージで眠る演技?を披露しながら、徹夜での撮影で「本当に疲れていますが、皆さん、よろしくお願いします」と早くも“イ・ジュンギワールド”へとファンを誘う。

愛する娘の為に孤軍奮闘する男の姿を描いたドラマ「TWO WEEKS」で、主人公のチャン・テサンを演じ父性愛に満ちた大人の男として成長した姿を見せたイ・ジュンギは娘スジン役のイ・チェミについて、「チェミちゃんは本当にかわいくて、“お父さんになりたいな”と思いました(笑)」と優しい微笑みを見せながら語った。

逃亡中、純朴な田舎の青年から登山客、黒縁眼鏡のサラリーマンと変装した姿に合わせた言葉使いと態度で全く違う人物を演じきり、高い評価を受けたイ・ジュンギ。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング