「私の愛、私の花嫁」シン・ミナ「撮影後、結婚について幻想抱いた」

Wow!Korea / 2014年9月1日 13時56分

女優シン・ミナ

韓国女優シン・ミナ(30)が映画「私の愛、私の花嫁」の撮影後、結婚について幻想を抱いたと語った。

女優シン・ミナは1日午後、ソウル・狎鴎亭(アックジョン)CGVにて開かれた韓国映画「私の愛、私の花嫁」(監督:イム・チャンソン)の制作報告会で、「結婚について全く考えていなかったのに、わたしもオッパ(チョ・ジョンソク)ように…この映画を撮って幻想を抱いた。現実的には問題もあるが、結婚生活にも大きな愛がある。現実を超えたところに何かがあると思った」と話した。

これを前に俳優チョ・ジョンソク(33)もやはり、撮影後に結婚したくなったと打ち明け、「結婚に対して明白な幻想がある。実際に結婚していないからその気持ちはわからないが、本当の結婚は必ずしなければと思った。(今回の映画撮影は)そんな考えを今一度投げかける時間だった」と心境を明かしていた。

シン・ミナは劇中、紆余曲折の末にヨンミン(チョ・ジョンソク)と結婚するが、自身の夢とかけ離れていく現実に憂うつになる嫁ミヨン役を担った。

一方、映画「私の愛、私の花嫁」は4年の恋愛の末に結婚したカップルが、結婚後の現実にぶつかり繰り広げる内容を描いた生活密着型ロマンチック・コメディ。1990年に公開した同名映画のリメイクだ。10月に韓国で公開となる。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング