<Wコラム>「出生の秘密」が現実に、トラブルメーカの息子に対するチャ・スンウォンの「最高の愛」

Wow!Korea / 2014年10月7日 16時39分

ドラマ「最高の愛」や「君たちは包囲された」などで日本でも人気の高い韓国俳優チャ・スンウォン。彼が息子のチャ・ノア君の実父を名乗る男性から約1100万円の損害賠償を求め訴えられた

ドラマ「最高の愛」や「君たちは包囲された」などで日本でも人気の高い韓国俳優チャ・スンウォン。彼が息子のチャ・ノア君の実父を名乗る男性から約1100万円の損害賠償を求め訴えられた。実父ではないチャ・スンウォンが実父のふりをしたとの事。

法廷紛争の原因になってしまった息子のチャ・ノアと言えば、2013年に大麻吸引や未成年者への強制わいせつ及び監禁の容疑で物議を醸した張本人。

事件の罪質が悪かっただけに、当時は実の父親と認識され、チャ・スンウォンに対しても厳しい批判が向けられた。その後も、チャ・スンウォンは、実の父親同様の親心で謝罪会見に臨むなど、親としての責任を全うしてきた。

問題のチャ・ノアは、1989年生まれである。アメリカへの留学を経て帰国し、2012年からは韓国のLGグループ傘下のプロゲーム団に所属していたプロ・ゲーマーだった。

今回、訴訟を起こした男性は、「ノア君は、チャ・スンウォンの現在の妻と自分との間で産まれた子ども」と主張し、「チャ・スンウォンがノア君の実の父親のように振る舞ってきたことで、自分の名誉が毀損された」とし、損害賠償を訴えている。

これを受け、チャ・スンウォン本人の所属事務所のYGエンタテインメントは「チャ・スンウォンは22年前の結婚当時、妻にはすでに前夫との間で産まれた3歳の子どもがいた。チャ・スンウォンはこれまで、ノア君を実の息子のように育て、当時の選択は後悔していないと言っている。今後も引き続き家族を守っていくことに変わりはない」と明らかにした。

訴訟を起こされてしまった以上、息子の「出生の秘密」を明らかにするしかなかったチャ・スンウォンだが、側近たちにもこの事実はまったく気づかれていなかった様子。

関係者たちからも、「まさか血のつながっていない親子だとは思えなかった」、「父性愛は誰にも負けていなかったので、周囲は疑う余地もなかった」、「息子の不祥事を自分事のように心配しながら解決策を考えていた」などの証言が続出している。

一方、チャ・スンウォンと言えば、映画「戦火の中へ」ではクォン・サンウと「BIGBANG」T.O.Pの相手役として、ドラマ「君たちは包囲された」ではイ・スンギの相手役として、広く知られるモデル出身の中堅俳優。ドラマ「シティホール」では「私の名前はキム・サムスン」キム・ソナの相手役、ドラマ「最高の愛」では「主君の太陽」コン・ヒョジンの相手役だった。舞台経験も抱負で、その演技力は韓流ファンの間でも高い評判を受けている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング