【公式全文】韓国タレントのチョン・イスル、人気悪用の整形外科に法的措置

Wow!Korea / 2014年10月31日 15時36分

人気歌手ソ・イングク主演のドラマ「高校世渡り王」などに出演したタレントのチョン・イスル側が整形外科訴訟に関する立場を明らかにした。(提供:news1)

人気歌手ソ・イングク主演のドラマ「高校世渡り王」などに出演したタレントのチョン・イスル側が整形外科訴訟に関する立場を明らかにした。

チョン・イスルの所属事務所チョロクペムジュナE&Mは31日午後、報道資料を通じて「チョン・イスルは無名時代の2012年4月に『協賛で手術を受けさせてやる』と前所属事務所代表から言われてA整形外科病院で手術を受けた。当時、手術の対価や条件について病院や前所属事務所代表から何の話も聞いていなかった」と述べた。

現所属事務所側は「チョン・イスルが手術を受けた日から2年が過ぎた2014年5月末に突然病院から内容証明1通が送られてきた。この内容証明には『貴下は当院と広報モデルとして契約することを約定し、手術を行なった当院は、貴下に手術費用を請求しなかった。しかし貴下の変更により広報モデル契約を取り消すことになり契約金を返したが、手術にかかった費用について現在まで受け取ることができていない』と書かれていた」と説明した。

さらに「しかしチョン・イスルは病院広報に関して、病院や前所属事務所から何の説明も受けたことはないとしており、自ら病院と契約を結んだこともないとしている。チョン・イスルは病院側が内容証明で主張しているような広報モデル契約金を受け取ったことも、返金したこともない」と一蹴した。

また「病院がノイズマーケティングを進行中で、現在までホームページにチョン・イスルのプロフィール写真を勝手に掲載するなど、人格権(肖像権、名誉など)を侵害している」と指摘。「これについては人格権を侵害しないでほしいという内容証明を送ったこともある」と明らかにした。これに対しチョン・イスル側は法律事務所を通じて法的責任を問うつもりだという。

以下、チョン・イスル側の公式立場全文

~チョン・イスルの所属事務所チョロクペムジュナE&Mです。

昨日マスコミに掲載されたチョン・イスルの訴訟の件に関して、所属事務所としての公式立場をお知らせいたします。

1.まずチョン・イスルは無名時代の2012年4月に「協賛で手術を受けさせてやる」と前所属事務所代表から言われてA整形外科病院(以下、病院)で手術を受けました。当時、手術の対価や条件について病院や前所属事務所代表から何の話も聞いていませんでした。

チョン・イスルが上のような手術を受けた日から2年が過ぎた2014年5月末に突然病院から内容証明1通が送られてきました。この内容証明には「貴下は当院と広報モデルとして契約することを約定し、手術を行なった当院は貴下に手術費用を請求しなかった。しかし貴下の変更により広報モデル契約を取り消すことになり契約金を返したが、手術にかかった費用について現在まで受け取ることができていない」と書かれていました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング