【個別インタビュー】「BEAT WIN」、日本デビュー曲はラップにも注目! 「いい男たちだということをお見せします! 」

Wow!Korea / 2014年11月25日 17時38分

11月27日(木)1stシングル「illusion-Japanese ver.」で待望の日本デビューを果たす「BEAT WIN」

デビュー前から日本でもライブを展開し、2014年1月に「She’s My Girl」で韓国デビューを果たした6人組ボーイズグループ「BEAT WIN(ビートウィン)」。

メンバーは、穏やかで愛嬌いっぱいのリーダー、ソニョク、アクロバティックなパフォーマンスで女性を魅了するヨンジョ、近所のお兄さん的な頼れるアニキ分のサンギュ、存在感のあるワイルドでクールなジョンハ、可愛らしい笑顔の中にも男らしさを感じさせる最年少のソンホ、キラキラした笑顔のスマイル王子、ユヌの6人。

親しみやすさとカリスマ性を兼ね備えた彼らが、11月27日(木)、1stシングル「illusion-Japanese ver.」で、待望の日本デビューを果たす!

すでに、今月15日から12月23日まで新大久保SHOWBOXにてライブを開催し、日々ファンと触れ合っている「BEAT WIN」。

11月28日には日本デビュー記念ライブ、12月24日にはクラスマスライブを開催することも決定し、本格的に日本での活動をスタートさせた彼らに、前回のインタビュー取材以来2か月ぶりに会い、日本デビュー前の心境を直撃した!

前回会ったときとは異なり、ラップ担当の2人、ユヌとジョンハがそれぞれ髪の色を赤と青に変えていたので、理由を聞いてみると、「なんとなくやってみたかったので」とユヌ。すると他のメンバーたちが、「韓国の国旗の赤と青をイメージして、韓国という国をアピールするため」「白と黒もあるので、これからも一人ずつ色を変えていきます」など冗談なのか本気なのか分からない説明でひと笑い起き、和やかな雰囲気でインタビューがスタートした。

―まずは日本デビュー決定、おめでとうございます!

一同:わ~(全員で拍手をして盛り上がる)

―日本デビューの話はどういう状況で聞いたんですか?

ソンホ:全員一緒にいるときに聞きました。

ジョンハ:会社の代表から、レッスン室で。

―どう思いましたか?

ジョンハ:(静かなトーンで)すごくうれしかったですね。

ソニョク:声のトーン、もっと上げられない?

ジョンハ:(急に大きな声で)皆さんに会えると思うと、幸せな気分になりました。

サンギュ:今、僕たちの中で、誰かが低いトーンで話すと、「トーン上げて!」ってツッコミを入れて、大きな声で話すというのが流行っているんです(笑)。

ソニョク:僕たちも日本デビューのことは知らなかったし、いきなり決まったのでビックリしましたが、いつでもデビューする準備はできていたので。日本のファンの皆さんを熱狂させる準備はもうできています!

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング