【公演レポ】「KARA」 4人の涙で飾った大感動のツアーファイナル!

Wow!Korea / 2014年12月5日 17時57分

「KARA」左からスンヨン、ギュリ、ハラ、ヨンジ

ギュリ、スンヨン、ハラ、ヨンジの4人体制となった「KARA」が初の日本ツアー「KARA THE 3rd JAPAN TOUR2014"KARASIA"」開催。10月24日、福岡からスタートした同公演は11月19日(水)、横浜アリーナにてツアーファイナルを迎え、感動の涙で飾った。

「KARA」の紹介映像がスクリーンに映し出された瞬間、11000人のファンはオールスタンディング!会場は4人の登場を待ちわびるファンの歓声に包まれた。白いショートパンツの衣装でギュリ、スンヨン、ハラ、ヨンジが登場すると、会場内には一段と大きな歓声が響き渡った。ヨンジが加入、4人体制の「KARA」として、8月27日にリリースした最新曲「マンマミーア!」でオープニングを飾ると応援のペンライトで埋め尽くされた会場はまばゆい光を放ち、メンバーを華やかに出迎えた。

「Pandora」、「Lupin」と人気曲を立て続けに披露すると、サビの部分ではファンも息の合った掛け声で、応援。凝ったステージ演出と相まって、オープニングから最高潮の盛り上がりを見せた。

「横浜のみなさん、こんばんは。KARAで~す」と4人であいさつすると、会場からは怒涛のような歓声が沸き起こった。

ギュリが「横浜のみなさん、ライブビューイング(全国58館)を観ているみなさん、『"KARASIA"2014』へ、ようこそ!」と呼びかけるとヨンジは末っ子らしく「大切な思い出をたくさん作りましょう!」と可愛くアピール。スンヨンも「今回は新しいパフォーマンスや特別なメンバーのステージも準備しています」と話し、期待感を高めると、ハラからは「今日の公演は来年1月にWOWWOWで放送されます」とうれしい報告がされた。

次々とステージが届けられる中、ソロコーナーのトップを飾ったのはヨンジ。ブルーとピンクのミニワンピース姿が初々しいヨンジは松田聖子の「天使のウインク」を歌唱。

完ぺきな日本語で披露すると会場からは称賛の温かい拍手が送られた。

雰囲気を一変し、ハードなテイストで登場したのはスンヨン。女性ダンサーといっしょに、Rihanna の「Love The Way You Lie 」から男性ダンサーを従えてChristina Aguileraの「 Dirrty」へと英語曲をセクシーなダンスと共に披露し、会場の男性ファンを釘付けにした。

ステージの白い幕が開くとそこには、淡いブルーのドレス姿のハラが。絢香の「みんな空の下」を透明感のあるピュアな歌声でしっとりと歌い上げるハラに会場は言葉をなくし、聴き入った。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング