<インタビュー前編>映画「ベテラン」ユ・アイン、若手俳優の領域を拡張

Wow!Korea / 2015年8月29日 10時0分

―難易度の高いアクションシーンが出てきますが、一番つらかったシーンはどこですか?

女性たちをむやみに相手するシーンが簡単ではありませんでした。男性の先輩たちとのアクションよりも注意が必要でした。それに図々しくならなければならなかったんです。女性を叩いたり、子どもに残忍に振る舞ったりするシーンはチョ・テオの悪の部分を極大化させるからです。後半のユ・イニョンさんとのシーンでは、自分でも見るのがつらかったです。観客の皆さんの立場で没頭して見てしまうほどでした。

―ユ・イニョンさんとは今作が初めての共演ですね。

そうですね。初めて会って一緒のシーンを撮りました。一緒に出たパク・ソダムさんも混乱したと思います。撮影の順序としては、最初の撮影だったからです。二人には負担に思わず思い切りやるように言いました。本当にありがたかったです。オム・テグさんも同じです。スパーリングシーンを撮影中に本当に顔を殴ってしまったんです。振り向いて打つシーンだったのですが、距離の調節を間違えてしまいました。子役の子たちもそうだし…申し訳ないと思う人たちが多い作品です(笑)。

―映画の中ではチョ・テオがどうして歪んでしまったのかなど細かな説明がなく、ただ“悪いヤツ”として描かれているだけですね。

映画が持つトーンとムードがあります。テオだけでなく、全てのキャラクターについて説明していません。人物が置かれた環境を見せたりして、ディテールや雰囲気で人物がなぜこのような性格になったのか推測できるように作られています。キャラクターを表現する洒落た方法だと思います。多くの俳優は、自分が演じる悪役について「理由がある」と説明します。小さい時のトラウマや、仕方なくそうなってしまったとか。だけどテオは深く入り込みません。その代わりに父親のチョ会長(ソン・チャンウイ)がテオに接するシーンで見せるんです。チョ会長がテオの過ちに対して責任を問わないけど、そのシーンでなぜテオが怪物になるのか見当が付きます。

―リュ・スンワン監督から注文されたポイントはありますか?

「子どもが虫を苦しめるように何の考えもなく悪い行動をするように表現できたらいい。」とおっしゃいました。それは無邪気とも言えるけど、何も考えていないということです。普通の人が持つ他人への配慮が全くない人物なんです。ひたすら強者の父親と競争相手の兄と姉を意識しているだけで、あとは全て眼中にないんです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング