【公演レポ】「TWICE」、「MONSTA X」、「SF9」ら豪華アーティストが共演の「KCON 2018 Japan × M COUNTDOWN」閉幕

Wow!Korea / 2018年4月17日 22時53分

「TWICE」

K-POPやK-BEAUTY、K-FASHION、K-FOODなど、K-Cultureの全てを実際に体験することができるコンベンション型フェスティバル「KCON 2018 JAPAN」が、今年は4月13日から15日までの3日間、千葉・幕張メッセにて開催。

コンベンションアーティスト出演のライブや公開収録、トークショーの他にも、美容&韓国語講座、食を堪能できるフードコート、K-POPの全てを体感できる DANCE ALL DAYなどもあり、昨年よりさらにパワーアップされ、一日中楽しむことができる内容となっている。

最終日の15日(日)、午後7時過ぎ、「KCON 2018 Japan × M COUNTDOWN」の始まりを知らせるオープニングムービーが流れ、まずは「TWICE」や「MONSTA X」がVTRで公演中のマナーや盛り上がり方をレクチャーした。会場に集まったファンの盛り上がりはオープニングから絶好調。韓国を代表するアーティストたちの夢の競演に期待が高まる。

まずトップバッターで登場したのは、「INFINITE」の弟分として2017年8月にデビューした10人組ボーイズグループ「Golden Child」。キュートなルックスとは裏腹に大人数ならではの迫力あるパフォーマンスと高い歌唱力が魅力の新人グループだ。

初めてKCONのステージに立てたメンバーは「とっても緊張していますが、皆さんの前で歌えてうれしいです!」と、笑顔で話した。MC中には、持ち前の歌声で披露すべく「AKB48」の「ヘビーローテーション」をアカペラで歌い、会場からは大きな拍手が送られた。

続いても、2017年にデビューしたばかりのボーイズグループ「THE BOYZ」。スタイリッシュな黒い衣装で登場し、「BOY」など計2曲を披露した。花道を歩きながら「皆さん!会いたかったー!」、「お会いできてうれしいです!」、「熱気がすごいですねー!」と、会場に集まった大勢のファンに感動しっぱなしのメンバーたち。

「夢のようなステージに立てて光栄です!少しでも僕たちの魅力が伝わるとうれしいです!」と話し、グループの魅力である(1)愛嬌、(2)ラップ、(3)ダンスをメンバーごとに紹介した。

次に登場したのは、Mnetのサバイバルオーディション番組「少年24」から誕生した「IN2IT」。4月19日にリリースされる1stシングル「SnapShot」をファンの前で初披露。「すごくよかったでしょ!?」と自身で絶賛するほど、クールなパフォーマンスが印象的な楽曲に仕上がっている。MCでは「今日の会場に何人の人が集まったと思う?…35億!」と、インホがブルゾンちえみの真似をして会場を沸かせた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング