【公演レポ】「BLACKPINK」、初のアリーナツアーを圧巻のパフォーマンスで駆け抜けてツアーファイナルは海外女性グループ史上初の京セラドームへ

Wow!Korea / 2018年8月29日 20時0分

センターステージに全員が集結し、残る体力を振り絞ったダンスと歌にファンも総立ちとなって、彼女達と一緒に踊り、熱狂の嵐となった。

最後に息を整えながら、ゆっくりと終演へのあいさつをした「BLACKPINK」。今回のアリーナツアーを大きな成功として終えられた感動と、多くのファンの方に出会えた感謝の気持ちをメンバーは感慨深く語った。彼女たちは何度も感謝の思いを伝え、バックステージへ惜しまれながら戻っていった。

鳴りやまない歓声の中、ファン全員がエンドレスで「BLACKPINK」の歌を一緒に歌い続けた。その声に応えるかのように、「BLACKPINK」がステージに現れた。

会場の盛り上がりは再び最高潮に!人気曲4曲を披露し、そのレベルの高いステージに、ファンも心からこの瞬間を楽しんだ。

アリーナツアーをやり切った「BLACKPINK」にとって、今回の達成感と喜びも一入だったのか、感激で涙をこぼしそうな表情も。

駆けつけたファンへの感謝と別れを惜しむ言葉とともに、3DAYSのあとはツアーファイナルとして、12月24日(月・祝)「BLACKPINK ARENA TOUR 2018 "SPECIAL FINAL IN KYOCERA DOME OSAKA"」と銘打った海外女性グループ史上初の京セラドーム大阪公演が控えている。

大歓声の中、ファンと再会を約束した「BLACKPINK」。全世界から熱い視線を集める「BLACKPINK」の今後益々の活躍に注目したい。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング