【イベントレポ】「SUPERNOVA」、2ndシングル「BANG★」リリース記念イベントを思い出の地で開催「日本で10年活動できて幸せ…僕たちは“超新鮮”」

Wow!Korea / 2019年5月15日 23時52分

「SUPERNOVA」左からジヒョク、ユナク、ソンジェ、グァンス、ゴニル

「超新星」から改名し、新たなスタートを切った「SUPERNOVA」が、日本デビュー10周年イヤー第1弾となる2ndシングル「BANG★」を5月15日(水)にリリース!当日、東京・サンシャインシティ噴水広場にて、リリース記念イベントを開催し、新曲披露はもちろん、今後の活動について、うれしい情報が次々と発表された。

この池袋サンシャインシティ噴水広場は、10年前の2009年9月に、「超新星」がデビュー記念イベントを行い、駆け付けたファンの多さに感動したメンバーが号泣するという、思い出深い会場。10周年という節目での凱旋となり、10年前も参加したというファンの姿も多く見られ、4階層の観覧エリアには2000人もの観客が集まった。

公開リハーサルを終えた後、再び大歓声で迎えられた5人。まずは、映画『LDK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』の挿入歌で、「BANG★」のカップリング曲「Everytime」を披露。「SUPERNOVA」としては初のバラードとなり、「君を知るたびどんどん好きになっていく」という甘い歌詞のラブソングでファンをうっとりさせた。

ステージに勢ぞろいしたメンバーたちは、「君たちは?」(ソンジェ)、「Milky!」(ファン)、「僕たちは!」(ユナク)、「『SUPERNOVA』です!」(メンバー)と恒例のコール&レスポンスであいさつをし、トークタイムへ。さっそくユナクが、この場所にメンバー全員で立つのは、デビュー曲「キミだけをずっと」のイベント以来だとし、ジヒョクは「ゴニルと僕がここで泣きながら握手会をしたことを思い出します」と懐かしんだ。

そして、1人ずつ自己紹介をしながら、この場に立った感想を話していくメンバーたち。ラップ担当ゴニルは「皆さんの前に立つと、もっと落ち着くというか。いま見守られている感じがして、ヤバイ!みんなから超見られています(笑)」と話し、ソンジェも「4階までたくさんの皆さんが来てくれてビックリしましたし、すごいね。うれしいです!」とファンの声援に感謝した。

最後にここに来たのは、ユニット「Funky Galaxy」(グァンス、ジヒョク、ゴニル)のアルバムリリースイベントのときだったというグァンスは「次はみんなでここに来て、『Milky』の皆さんと会いたいですって、必ず約束を守れるようにしますって、言ったんですけど、それがやっときょう叶いました」と感慨深そうにした。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング