≪韓国ドラマNOW≫「悪の花」13話、ムン・チェウォン、ソン・ジョンハクに「ここにもう一人いるじゃないか」キム・ジフンの存在疑い

Wow!Korea / 2020年9月11日 0時7分

≪韓国ドラマNOW≫「悪の花」13話、ムン・チェウォン、ソン・ジョンハクに「ここにもう一人いるじゃないか」キム・ジフンの存在疑い (画像提供:wowkorea)

※ネタバレ・あらすじになる内容が含まれています。

10日に放送されたtvN水木ドラマ「悪の花」では、ペク・ヒソン(キム・ジフン)の存在を疑うチャ・ジウォン(ムン・チェウォン)の姿が描かれた。

この日ド・ヒョンス(イ・ジュンギ)とチャ・ジウォンは、ペク・マンウ(ソン・ジョンハク)の家を訪れた。家政婦の遺体を片付けて驚いたコン・ミジャは、疲れたという理由で二人に「帰ってくれ」と言ったが、チャ・ジウォンが「この家で行われたすべてのことを知っている。話しをしよう」と言うとドアを開けた。

ペク・マンウは「出張に行く」と突然言うと、コン・ミジャは、「一体どれくらい行くのか」と気にした。これにチャ・ジウォンは、「一体どれだけ何を隠しているのか。私はこの人の味方だ」と伝えた。ペク・マンウは、「私たち4人は今夜するべき話がたくさんあるね」と言うと、チャ・ジウォンは、「4人じゃない。もう1人いるでしょう。その人はどこ?」と聞いた。

これにコン・ミジャとペク・マンウは驚いたが、すぐにペク・ヒソンが横たわっているのを見せた。コン・ミジャは、「元々仲が良くなかった。その日も、交通事故のために争いが始まり、予期せぬ事故があった」と説明した。

ド・ヒョンスも、「危機のたびに延命のための薬物を投与して、現在は臓器が良くない。10分後に心臓が止まってもおかしくない状況だ。今、私はあなたの前で秘密をすべて明らかにした。私は最後まであなたの夫、ペク・ヒソンとして生きる」と伝えた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング