“故ク・ハラさん脅迫・暴行容疑”の元恋人に「懲役1年」が確定、違法撮影については「無罪」

Wow!Korea / 2020年10月15日 11時43分

“故ク・ハラさん脅迫・暴行容疑”の元恋人に「懲役1年」が確定、違法撮影については「無罪」(画像提供:wowkorea)

韓国ガールズグループ「KARA」メンバーだった故ク・ハラさんに対して生前、暴力をふるいプライベート動画を理由に脅迫した容疑で裁判にうつされた元恋人チェ・ジョンボム被告に懲役1年が確定した。

15日、最高裁は傷害などの容疑で起訴されたチェ被告に懲役1年を言い渡した原審を確定。ただし、違法撮影については「無罪」を宣告した。

チェ被告は2018年8月、ハラさんの身体一部を違法撮影した容疑、また同年9月にハラさんとの喧嘩で負傷した際「プライベート動画を流出させる」と脅迫した容疑を受けていた。これに、チェ被告は性暴力犯罪の処罰などに関する特例法違反(カメラなどを利用した撮影)、傷害、脅迫容疑などで在宅起訴された。

裁判所は、昨年8月の1審宣告公判でチェ被告に懲役1年6か月、執行猶予3年を宣告。性暴力犯罪については無罪と判断し、その後、検察とチェ氏の双方が控訴した。

ことし7月におこなわれた控訴審宣告後半で裁判所は、1審判決を覆しチェ被告に懲役1年を言い渡し、チェ被告は法廷で拘束された。

ハラさんの兄ク・ホインさんは判決後、SNSに「今回の判決でも違法カメラ撮影容疑については無罪が宣告された点、実刑1年が宣告された点について私たち遺族は納得がいかない」とし、上告計画を明かしていた。

以降、最高裁で2審判決が確定され、これにより2年におよぶ法廷攻防は終結した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング