<WKコラム>J.Y.Park(パク・チニョン)×Rain(ピ)、ユン・ドゥジュン×イ・ギグァン、微笑ましい2ショットでバラエティ出演!

Wow!Korea / 2021年1月6日 19時22分

「知ってるお兄さん」に出演したRainとJ.Y.Park。(画像:画面キャプチャ)

J.Y.Park(パク・チニョン)×Rain(ピ)、「Highlight」のユン・ドゥジュン×イ・ギグァンというファン待望の嬉しい2ショットが新年早々、バラエティで大活躍し、注目を集めた。

まず、新曲「Switch to me (duet with JYP)」でのデュエット結成で話題を集めている師弟関係のJ.Y.ParkとRain。1月2日(土)に放送された「知ってるお兄さん」(JTBC)に出演し、7.2%という高視聴率を叩き出した。直近で見ると、同番組の昨年12月は全て4%台で、前週が4.2%だったことを考えると、3%もアップしたことになる。それほど、注目されたということだ。

J.Y.Parkの曲を歌うのは、「I’m coming」以来13年ぶりとなるRain。自身のYouTubeに、J.Y.Parkとのコラボを望む声が多数寄せられたことがきっかけとなったと明かし、本当は一人で歌いたかったが、曲提供の条件として、J.Y.Parkと一緒に歌うことがあったため、今回のデュエットが実現したと、デュエット結成秘話を語った。

同番組は“タメ口”コンセプトなので、Rainはこの日を待っていたと大喜び。これまでの鬱憤(!?)を爆発させるかのように、J.Y.Parkがダンスに関して、いろいろ言ってくるが、本人の方がもっとミスをしていると暴露。それに対し、J.Y.ParkもRainのダンスをするときの短所が直っていないから、指摘をしなくてはいけないと応酬するなど面白い舌戦、さらにはダンスバトルも展開した。

それでも、RainはJ.Y.Parkに対し、名前だけは呼び捨てにせず、律儀にヒョン(お兄さん)を付けていたので、根底には師匠というリスペクトがあるということが垣間見られたし、家族ぐるみでもよく会うそうで、それぞれ娘が2人ずついるから、J.Y.Parkが「ガールズグループのメンバー4人は確保した」と冗談を飛ばす場面も。夢のある話だ。

また、Rainが日本での初めてのショーケースで、大手の音楽事務所関係者もたくさん来ていたのに、ステージに登場し、照明を浴びながらカッコよく顔を上げたら皆が嘲笑しているので、何かと思ったら、サングラスのレンズが片方だけとれていたという、いまだから笑える日本進出エピソードも披露した。

今回、プロモーションとして2人で出演する番組について、Rainが3番組を提案したという。この「知ってるお兄さん」と教養番組「朝の広場」、音楽番組「歌謡舞台」(共にKBS第1)だ。2人が韓服を着て登場した「朝の広場」は1月1日に放送され、視聴率は12.1%、「歌謡舞台」は1月4日に放送され、7.4%を記録。全て高視聴率だ。昨年から起こっているRainの波は勢いはまだまだ止まらない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング