1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. アジア・韓流

【イベントレポ】「2021 THE FACT MUSIC AWARDS」(2部)、「BTS」が「大賞」を含む5冠!「僕たちのリストに貴重な賞を追加できて光栄」…「SEVENTEEN」は2冠獲得!

Wow!Korea / 2021年10月22日 17時25分

「BTS(防弾少年団)」

音楽授賞式「2021 THE FACT MUSIC AWARDS」の2部は、1部のFAN N STAR部門で3冠を達成したイム・ヨンウンの「My Starry Love」と「Trust In Me」のライブステージで幕を開けた。

授賞は、「U+アイドルLive」で行われたファン投票で最も人気を集めたアーティストに贈られる「U+アイドルLive人気賞」の発表から始まり、名前を呼ばれた「BTS(防弾少年団)」がステージに登場。

トロフィーを受け取ったJINが「投票してくださってありがとうございます!感謝の気持ちを韓国語で表現できること自体がとても幸せです。海外の授賞式にたくさん参加してきたんですが、ナムジュン(RM)だけが、感謝のコメントを英語で伝えてきたので」と言ったところで、虫が口の中に入りそうになるハプニング(?)があったが、「感想を自分の言葉で話せるのがとても幸せだということをきょう改めて、この賞をもらって実感しています。ARMYの皆さん、本当にありがとうございます! この感謝の言葉を自分の口で言いたかったです。ありがとうございます」と喜びを爆発させた。

続いて、「ことしのアーティスト」の授賞では「ASTRO」、「OH MY GIRL」、「SEVENTEEN」が登壇。「ASTRO」はこの日出席できなかったジンジンの写真を持って登場し、チャウヌがジンジンとファンとこの喜びを分かち合いたいと話した後、英語でも感想を語り、「OH MY GIRL」はリーダーのヒョジョンとユアがファンに感謝の言葉を伝えた。

また、「SEVENTEEN」はディノが韓国語で、ドギョムが日本語で「CARAT(=SEVENTEENのファン)の皆さん、いつも応援してくださって本当にありがとうございます。離れていてもCARATとSEVENTEENはいつもつながっています。これからも僕たちSEVENTEENについてきてください。ありがとうございます」と話した後、バーノンが英語で、ミンギュがこの日共にできなかったディエイトが感想を伝えてくれたとし、録音したスマホをマイクに向け、ディエイトの中国語でのコメントを聞かせた。

そして、パフォーマンスステージでは「ASTRO」が「ONE」と「After Midnight」を披露。汗をかく姿も爽やかなチャウヌの決めポーズでステージを終え、続いて登場した「OH MY GIRL」は「Quest」をステージ初公開。さらに、「Dun Dun Dance」をリミックスバージョンで原曲とはまた違う魅力を垣間見せた。ファン・チヨルも「Two Letters」と新曲「Too Late」をステージ初披露し、甘い歌声を届けた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング