1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. アジア・韓流

<インタビュー>女優パク・ウンビン、ドラマ「無人島のディーバ」の役作りなどを語る

Wow!Korea / 2023年12月5日 11時7分

<インタビュー>女優パク・ウンビン、ドラマ「無人島のディーバ」の役作りなどを語る

※あらすじ・ネタバレになるような内容が含まれています。

 ソウル市カンナム(江南)区のナムアクターズ社屋で女優パク・ウンビンはtvN「無人島のディーバ」放送終了記念ラウンドインタビューを行なった。

 ドラマ「無人島のディーバ」は15年ぶりに無人島で救助された歌手志望のソ・モクハのディーバ挑戦記。パク・ウンビンは劇中、家庭内暴力から逃げて歌手になるために上京しようとしたが、不意の事故で無人島にたどり着いたソ・モクハを演じ、歌手に成長する過程を希望に満ちた姿で描きながら、ウ・ヨンウ以降の新たな代表的キャラクターを作り上げた。

 パク・ウンビンの名を証明するかのように「無人島のディーバ」最終回の視聴率は、全国世帯基準平均9%、最高10.5%を記録し自己最高視聴率を更新、首都圏と全国基準共にケーブルおよび総合編成チャンネルで同時間帯1位を獲得し、有終の美を飾った。この日パク・ウンビンは「7~8か月と長い期間撮影しても、6週間で放送が終わってしまうので短いと思いながらも、有終の美を飾りたかったが、最高視聴率で終わったとタイトルを書くことができて幸いだと思います」と感想を述べた。

 自身の反応の中で記憶に残る言葉があるというパク・ウンビンは「野外録音室ライブコンテンツを撮ったものがあったんですが、コメントに『テルン(泰陵)選手村の役を演じればオリンピックで金メダルも取れそうだ』というのがありました。努力を理解してくださってありがく思っています」と話した。歌や作品のキャラクターを完ぺきに消化するパク・ウンビンを称賛するコメントだ。続けて「私は個人的にあえて努力を知られなくてもといい考えるほうです。女優として準備したことを面白く見て、たくさん見ていただければ、それがやりがいになると思っていたんですが、そのような隠れた努力まで調べてくれて褒めてくださって、本当に感謝しています」とうれしさを表わした。

 また、作品ごとに几帳面なキャラクターノートを書きながら作品と役割について自分だけの考えを書くことで有名なパク・ウンビン。「無人島のディーバ」のソ・モクハ役のために方言から歌、ダンス、水泳まで身に着けなければならなかったパク・ウンビンは今回もこのようなノートを通じてモクハを完成していったと明かした。

 「私もデジタル化されてここ(タブレット)に書いたものもあります(笑)。無人島についての話をたくさん書きました。方言も使わなければならず、歌も歌わなければならない役でした。本当のプロ歌手のように、その方たちの実力に追いつくために、歌い方を真似しようとするのが不便に感じられた。私と合わないだけでなく、もし完全に消化できなければ変なふうに聞こえるだろうと思い、自らモクハらしい歌い方は何だろうか、私はどんな音色を持っているのかを知る過程でした。」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください