日大アメフト悪質タックル ピックアップニュース

日本大学と関西学院大学によるアメリカンフットボールの試合で、日大の選手が関学大の選手に危険なタックルをして負傷させた問題。タックルをした日大選手が行った22日の記者会見を受け、23日には日大の内田正人前監督と井上奨コーチが緊急会見を開き、この会見が各方面で大きな話題となっています。それらを伝える記事の中から興味深いものをいくつかピックアップしました。

アメフト悪質タックル問題に関する最新ニュース

前半5分、桐光学園高FW西川潤が先制ゴール。(写真協力=高校サッカー年鑑)

[MOM2591]桐光学園FW西川潤(2年)_逸材、「自分史上最高のゴール」含む3発!

ゲキサカ / 2018年8月15日 14時14分

[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ] [8.11 総体準々決勝 桐光学園高 5-0 富山一高 鈴鹿]  全国準々決勝で圧巻の3発。「自分史上最高のゴール」も決めたU-16日本代表FW西川潤(桐光学園高2年)にとってこの試合は、今後の大きな飛躍へ向けて「ターニングポイント」になりうるゲームの一つになった。 [全文を読む]

悪質タックル問題ピックアップニュース

アメフト悪質タックル問題の関連ニュース