1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. 国際総合

タイ、観光客受け入れ再開 隔離免除で業界回復に期待

ロイター / 2021年11月2日 12時11分

タイでは1日、新型コロナウイルスのワクチン接種済みなら隔離なしで入国を認める措置が始まり、首都バンコクには1000人以上の外国人旅行者が到着した。同日、空港で撮影(2021年 ロイター/Chalinee Thirasupa)

[バンコク 1日 ロイター] - タイでは1日、新型コロナウイルスのワクチン接種済みなら隔離なしで入国を認める措置が始まり、首都バンコクには1000人以上の外国人旅行者が到着した。

隔離免除の対象となるのは米国や中国、欧州など60以上の国と地域。ワクチン接種の完了に加え、旅行者は到着後にPCR検査を受ける必要がある。陰性なら翌日から自由に移動できる。

タイでは、新型コロナの感染拡大前に観光業が国内総生産(GDP)の約12%を占めていた。コロナ対策の厳しい入国制限により、観光業では推計300万人以上の雇用と年間500億ドルの収入が失われた。

7月からは先行してリゾート地プーケットで試験的に観光客受け入れを再開したが、その数はコロナ前の月間水準の1%にとどまった。

2019年の外国人観光客は約4000万人だったが、今年は18万人、22年は700万人にとどまり、回復には時間を要するとみられる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください