豪銀行、政府債の購入拡大へ 流動性規則の変更で=国内紙

ロイター / 2020年9月8日 10時56分

[シドニー 8日 ロイター] - オーストラリアの銀行は、緊急時の流動性を高めるため、最大2400億豪ドル(1750億米ドル)の政府債の購入が義務付けられることになるという。豪紙オーストラリアン・フィナンシャル・レビュー(AFR)が8日、報じた。

同紙によると、銀行の流動性に関する規則の変更が計画されており、これについて銀行幹部は金融監督当局である豪健全性規制庁(APRA)と協議を行ってきた。規則の変更は10月の連邦予算発表後に明らかにされる見通し。

主な目的は「国際的な規則に沿って銀行の安定性を強化し、金融面でストレスが生じた際の耐性を確保する」ことだが、「銀行が民間セクターの銀行債券や住宅ローン担保証券を保有する代わりに政府債の購入を拡大する」ことで、政府の借り入れコストを押し下げる狙いもあるという。

オーストラリア準備銀行(中央銀行、RBA)は1日、銀行に低利で資金を供給するターム物資金調達ファシリティーについて、規模を約2000億豪ドルに拡大するとともに2021年6月末まで延長すると発表した。銀行は0.25%の固定金利で中銀から期間3年の資金を借り入れることができる。[nL4N2FY1IT]

中銀は3月に導入した国債購入プログラムで、これまでに660億豪ドルの国債を買い入れている。

豪国内銀行は新型コロナウイルス危機がオーストラリアを直撃する前から連邦政府債の20%、州政府債の約50%を保有しており、危機の最中にも政府債を大量に買い入れてきた。

豪中銀の広報担当者はロイターの取材に対し、APRAに問い合わせるよう指示。APRAはコメントを控えた。

4大銀行の1つ、ナショナル・オーストラリア銀行(NAB) もコメントを控えた。コモンウェルス銀行(CBA) 、ウエストパック銀行 、オーストラリア・アンド・ニュージーランド・バンキング・グループ(ANZ) からのコメントは得られていない。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング