米共和党、最高裁判事承認の上院委採決強行へ 民主はボイコット表明

ロイター / 2020年10月22日 11時47分

10月21日、米民主党はトランプ大統領が連邦最高裁判所判事に指名したエイミー・バレット氏(写真)の承認手続きを巡り、上院司法委員会が22日に実施する採決をボイコットする方針を明らかにした。米議会で代表撮影(2020年 ロイター)

[ワシントン 21日 ロイター] - 米民主党は21日、トランプ大統領が連邦最高裁判所判事に指名したエイミー・バレット氏の承認手続きを巡り、上院司法委員会が22日に実施する採決をボイコットする方針を明らかにした。しかし、上院で多数派の共和党は採決を予定通り実施すると表明した。

同委のグラム委員長(共和党)は声明で「バレット氏は採決を行うのにふさわしく、実施される見通しだ」とした。

民主党上院トップのシューマー院内総務と司法委の民主党メンバーはこれより先、採決を欠席すると発表。共同声明で「世界的なパンデミックや選挙のさなかに、共和党は最高裁判事の承認を急ぎ、多くの人々から医療保険を奪うとともに、議会を通過させられなかった極端で不人気の計画を実行しようとしている」と主張した。

米大統領選・議会選がわずか12日後に迫り、期日前投票が既に行われていることに触れ、「(承認手続きは)最初から不正だ」とした。

グラム委員長はこれに反論し、バレット氏は最高裁の「将来的な判事候補のゴールドスタンダードとなるべき裁判官としての資質を備えている」と強調した。

同委の共和党議員12人全員がバレット氏の承認に賛成票を投じる考えを示しており、民主党議員10人は反対する構えだ。

司法委で予想通りバレット氏が承認されれば、共和党が週明け26日に計画する上院本会議での採決に道が開かれる。共和党上院トップのマコネル院内総務は、上院本会議で25日に手続き上の採決を済ませ、26日に最終採決に持ち込みたい考えだ。

民主党はバレット氏承認に強く反対してきた。同氏が就任すれば、最高裁判事は保守派6人・リベラル派3人という構成になる。

トランプ大統領は今年の大統領選は最高裁で決着することになるとの見方を示しており、選挙関連の訴訟にバレット氏が判事として加わっているよう図りたい考えだ。[nL3N2GK3YE]

大統領選の投票日にこれ程まで近いタイミングで最高裁判事の指名が承認されるのは前例がない。

民主党側は、共和党が2016年に大統領選挙の年であることを理由に、当時のオバマ大統領が指名した最高裁判事の承認手続きを拒否したにもかかわらず、今回は選挙を目前に控えて「猛烈なスピード」で承認しようとしていると改めて非難した。

*内容を追加しました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング