1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

EU、エネルギー価格高騰への共同対応で合意至らず

ロイター / 2021年10月26日 23時59分

欧州連合(EU)加盟国は26日に開催した緊急閣僚会議で、高騰するエネルギー価格に対するEU全体の対応策を協議したものの、合意に至らなかった。写真は2006年11月撮影(2021年 ロイター/Pawel Kopczynski)

[ルクセンブルク  26日 ロイター] - 欧州連合(EU)加盟国は26日に開催した緊急閣僚会議で、高騰するエネルギー価格に対するEU全体の対応策を協議したものの、合意に至らなかった。

EU議長国であるスロベニアのブルトベツ・インフラ相は会議後、「介入措置をEUレベルで採用し、全ての加盟国に適用するかどうかについて一致した見解は得られなかった」と述べた。

スペインは前日の会議で、EU加盟国による天然ガスの共同購入を主張。各加盟国がEUの現行の電力価格設定システムを利用しないことを選択できるようにすべきと提案した。

ただ、他の加盟国はエネルギー価格の高騰は短期的であり、それに対応するためにEUのエネルギー法を全面的に見直すことに慎重な姿勢を示し、スペインの提案に反対した。

ドイツなど9カ国は会議に先立ち共同声明を発表し、EUの電力市場改革を支持しないと表明。「化石燃料市場に連動した現在のエネルギー価格の上昇を緩和する救済策にはならない」とした。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング