よっしゃ金運up!2019年稼げる星座は?御瀧政子の12星座占い

ananweb / 2018年12月12日 7時0分

よっしゃ金運up!2019年稼げる星座は?御瀧政子の12星座占い

「血液型選手権」で有名な御瀧政子先生の12星座占いです! テーマは、12星座別2019年の運勢。総合運と気になる金運をお伝えします! 今すぐチェック!
文・御瀧政子

■ 12星座別 2019年 総合運と金運


■ 牡羊座(3月21日~4月19日生まれ)

本来の実力が表にでてくるとき。仕事の場面や副業などで目立った動きがあり、いっそうやる気が高まりそう。積極的に習い事や資格を取得しておくと役に立つかも。ただし、組織や旧体制との確執が試練になる暗示もあり、とくに7月と10月は自重して昇格や出世、手柄を焦らないで。

入念に基礎固めをしておいて、束縛から解き放たれるのを感じたときこそ、成果を見せるタイミング。金運は、波がはげしいため冒険するのは禁物。今は知識として投資を学んでおくとき。

■ 牡牛座(4月20日~5月20日生まれ)

家族や親せきなど身内に変化が多くなる年。親兄弟の健康問題に直面して、意外と時間がなくなることもあって、プライベートの状況を公の場で周りの人に理解してもらうのが難しいときも。公私ともに上手に協力を依頼して。

自分自身のメンタルと身体の健康を守ることが最適な開運術ですから、ヘルシーライフを心がけましょう。長期の休暇にはデトックス&魂のいやしをかねて、ひなびた温泉でゆったりとするのがおすすめ。金運は、おだやかです。よいものがリーズナブルに購入できるような日々のお得さをうれしく感じられそう。

■ 双子座(5月21日~6月21日生まれ)

複雑な人間関係にふりまわされないように注意。あなたの周囲の人たちが敵と味方にわかれるようなことも。今年はあなたのこだわりがいっそう強くなっている暗示もありますが、どんなことがあってもさらっと流せれば、ツキを呼べるはず。

6月、10月は羽を伸ばせる星回り。個性や長所を生かして、素直な気持ちが伝われば、大抵のことは受け入れてもらえるはず。気持ちをほぐす心のマッサージでラッキーUP。金運は、収入と支出のタイミングが良好で、望んだライフスタイルを実現できそう。

■ 蟹座(6月22日~7月22日生まれ)

仕事に明け暮れそう。軌道に乗っているぶん、ハードワークにもなりがちで、慢性的に疲れている状況が続くことも。休日はひとりで読書など静かに過ごすのがベターです。日本人特有の気を使いすぎるのを控えて、あまり神経質にならないように注意しましょう。

7月は年内で最もラッキー。有給休暇など活用して少し休みを取り、思う存分楽しめば、メリハリのある一年になりそう。金運は、貯蓄の堅実性は際立っています。8月の浪費傾向をうまく乗り越えれば、財を成せるはずです。

■ 獅子座(7月23日~8月22日生まれ)

これまでがんばってきた結果、少し楽ができるようになる星回りです。人を使える立場になったり、取引先の担当者と波長が合ってスムーズになったり、仕事面の負担もずいぶん軽くなりそう。

余暇にも時間がさけるようになって遊びに行くのはOKですが、ただ楽しんで終わらないこと。夢中になれる世界を見つけたら、そこで一芸に秀でることを目標にしたり、仕事に生かせる要素を見つけて運気UPを目指しましょう。金運は、黒字傾向ですが、気を抜かず計画的に。4月、8月は少し冒険してもいいかも。

■ 乙女座(8月23日~9月22日生まれ)

あらためて家族愛を実感することになりそう。家庭内もしくは育った家がテーマに。自分のことよりも家族の変化が大きく、フォローに追われたりしそうですが、ゆったりと人の成長や変化を見守れる存在であるように努めましょう。

結果がでるまでに時間がかかるのが今年の特徴です。仕事や恋も同様に、毎日コツコツ積み上げる小さな努力の先に大きな幸せがあると考えて。金運は、計画的なローンを組めるときですが、「つまらない買い物」に注意しましょう。

■ 天秤座(9月23日~10月23日生まれ)

金運と仕事運の相乗効果に期待できそう。SNSでの発信からビジネスのチャンスにつながることがあるかも。10月は今期最大の成果がだせるときなので、年頭に目標を決め、10か月でゴールを目指す計画などを具体的に立ててみて。口コミ投稿は必ずチェックを。

12月に浮上する家族と住居に関する問題は、お金と時間をかけてしっかり解決しておきましょう。金運は、コミュニケーションスキルを生かして収入アップ。趣味や習い事には進んで投資を。

■ 蠍座(10月24日~11月21日生まれ)

安定した平均的な運気といえますが、つい細かいことが気になってしまうため、気苦労が続きそう。春先から5月が過渡期です。自分から人間関係を複雑にしないようにくれぐれも注意しましょう。夏から秋にかけてはバランスがとれ、心身ともにおだやかに過ごせそう。

7月は実力をフルに発揮できるときなので大きな勝負のチャンスかも。神経を休めるとともに胃腸のケアは念入りに。金運は、大きな買い物をする運気もありますが、よく検討しましょう。7月と11月が吉。

■ 射手座(11月22日~12月21日生まれ)

総合運は12星座一でしょう。プライベートも仕事も同時進行で充実する、またとない幸運期です。春先は年度替わりの変化と重なって、自分の環境設定をリセットするよいタイミングになります。

8月以降はピッチを上げて、ゴールへと突き進んでいきましょう。高い目標を目指しての冒険もいいかもしれません。金運の波はよくもわるくも安定していますので、ハイリスクな挑戦は控え、堅実さを重視して。財布を引きしめ、努力は必ず大きな実を結ぶと信じて、貯金に励みましょう。

■ 山羊座(12月22日~1月19日生まれ)

注意不足に気をつけて。過去のミスやあなたが隠していたことが露見してしまうことがありがちです。「ついうっかり」でお金の滞納などルーズになっていることにも要注意。

また4月、10月は一見チャンスに思える話でも飛びつかないで、実際に中味をよく確かめて。実直の神様がバックについている山羊座ですから、何ごとも気づいたそばから修正していけば安泰です。金運は、甘いワナが常にあなたを狙っているようです。用心深さに輪をかけて慎重に。9月は動いてもOKです。

■ 水瓶座(1月20日~2月18日生まれ)

人を通じて世界が広がり仲間が増える年です。所属先や身近な人の大きな変化を受けてギブ&テイクの輪が広がり、あなたもその渦中に。人と手をつなごうとする程、その輪が大きくなるはずです。

また、楽しいだけではなく、あなたに耳の痛いことを率直に言ってくれる本当の意味での親友がみつかるのも強み。生活習慣についてのアドバイスはラッキーといえるので、素直に受け入れてみて。金運は、身近に助け舟あり。金銭面で求めている情報をオープンにしてみて。

■ 魚座(2月19日~3月20日生まれ)

手堅いチャンスが数多く待っている2019年ですが、栄光のために用意された下積みのときもあります。そこは数少なくあまり目立ったものではないため、ここでツキを逃す人は多いもの。「急がば回れ」をモットーに、自分勝手にならないで、周囲との足並みを大切にしましょう。

いざというときは忍耐を発揮して乗り切る覚悟で。成果を得るのは7月です。11月はあなた自身が活躍できる場面がありそう。金運は、経費を削ると報酬は伸びません。生きたお金の使い方を考えるようにしましょう。


©Eva-Katalin/Gettyimages
©D-Keine/Gettyimages
©martin-dm/Gettyimages

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング