1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. グルメ

あったら即買い! 【2021年激売れコンビニスイーツ】 セブン、ローソン、ファミマ9選

ananweb / 2022年1月1日 18時30分

あったら即買い! 【2021年激売れコンビニスイーツ】 セブン、ローソン、ファミマ9選

コンビニスイーツを年間150種以上食べるライターが、2021年特に印象に残ったコンビニスイーツを紹介します。定番スイーツとして現在も店頭で販売しているものもあるので、要チェックです!

セブン-イレブンの激推しスイーツ

セブン-イレブンのコンビニスイーツは、とにかく高クオリティ! 今回はピックアップしていませんが、「エグロワイヤル」というスイーツ作りに適した玉子を使用している「エクレア」や「バウムクーヘン」もおすすめです。
現在も準定番として販売中のものや、惜しくも現在は終売となったスイーツを3つ紹介します。

スプーンで食べるふわふわかすてら ¥159

パッケージには「温めてもおいしい」とありますが、個人的には「温めるとマジウマ」レベルでした。

袋から取り出すと、ふんわりとしたカステラが登場。一見何の変哲もありません。

味を比較するために、まずは冷たいままでいただきました。玉子のやさしい甘さが魅力のカステラです。「このままでも普通においしいけど…」と思いながら、ラップをかけて電子レンジで温めました。

取り出して食べてみると、かすてらはふわふわを通り越して、フルフルの絹ごし豆腐のような食感に! 温かくなるだけだと思っていたので、ただただ驚きました。

※ 2021年11月13日配信

イタリア栗の濃厚モンブラン ¥300

セブンイ-レブンから何度もリニューアル販売されている定番人気のスイーツ。一度は食べたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

食べやすいカップタイプで下から、マロンムース、ホイップクリーム、マロンペースト、マロンクリームという構造。外からはわかりませんが、スイーツの真ん中にはスポンジケーキが隠れています。

このすくった画像をみてもわかるように、ほぼクリームでできているといっても過言ではありません。しかし、マロンの濃淡やクリーム類の口どけ具合が異なり、食べていて飽きることがありません。しかもペロリと食べきれて、完食後も重くなることはありませんでした。店頭で見かけるたびに思わず手が伸びてしまう美味しさです。

※ 2021年5月16日配信

北海道十勝産小豆使用 豆大福 ¥151

セブン-イレブンの人気スイーツ「豆大福」!

うっすらとですが、外観からもお豆がたくさん入っていることがわかります。

中はこのようになっています。一見、ごく普通の豆大福です。しかし、この時のリニューアルで、味が格段に美味しくなったという印象が強く残っています。

まず、大福に練り込まれているお豆。食感がさらにしっかりとして、塩っけがちょっぴりアップ。そして、これがあんこと素晴らしいコントラストを生み出します。そのあんこもこれまで以上に丁寧に炊かれている印象で、しっとりねっとり感が増していました。

定番スイーツは美味しさがどんどんアップするので、リニューアル再販のたびに要チェックです!

※ 2021年6月19日配信

ファミリーマートの激推しスイーツ

ファミリーマートのスイーツはフレーバー展開が豊富! 現在も爆発的に売れ続けている「バタービスケットサンド」や「スフレ・プリン」は、ノーマルバージョンだけでなく、さまざななフレーバーが登場しています。今回は現在も販売中のものと、惜しくも現在は終売になったスイーツを3つ紹介します。

バタービスケットサンド ラムレーズン ¥248

あっという間に、ファミリーマートの大人気スイーツとなった「バタービスケットサンド」。初登場の際は、チーズ、ショコラ、ラムレーズンの3つのフレーバーで展開しました。レーズンサンドが大好きなので、ラムレーズンを紹介したいと思います。

ラムレーズンがかなりたくさん見えています。もしかして、それは周りだけで、中はクリームだけだったりして…なんて思っていましたが、

なんと! 中にもたくさんのラムレーズンが入っていました。これは感動です!

では、さっそく実食。まず、クッキー。バターのうまみがしみ出てくるような香ばしさです。ホロッと食感なので崩れないように少し注意したほうがよいかもしれません。そして、バターチーズクリーム。濃厚なのに、口どけなめらかで意外とあと味スッキリ。そして、なんと言ってもラムレーズン。ラムがジュワっと染み出てくるのではないかというくらいジューシー!

袋から取り出した瞬間、正直「ちょっと小さいなぁ」と感じました。しかし、美味しさがギュ~っと凝縮されていて、結果大満足。

発売から約半年の間に、合計6つのフレーバーが発売されたバタービスケットサンド。2022年も新フレーバーが出そうで楽しみです!

※ 2021年6月27日配信

レモンチーズのスフレ・プリン ¥298

ファミリーマートでおなじみの「スフレ・プリン」。2021年10月11日まで限定で、全国を6エリアに分け、店舗スタッフが考案したエリア限定の「スフレ・プリン」が発売中されました。東日本エリアは「レモンチーズのスフレ・プリン」でした。

横から見ると…

ノーマルなスフレ・プリンはスフレの下がプリンですが、こちらはチーズプリンになっているそう。

スフレにレモンの刻印がされていてかわいい!

スフレ部分をスプーンですくうと、シュワシュワ~とうい音が聞こえてきそうです。食べると、爽やかなレモンの酸っぱい香りが鼻腔を突きぬけます。

チーズプリンには、このようにレモンゼリーがところどころにはいっています。全体的にスッキリとした味わいなので、ペロリと食べきってしまいます。

ちなみに、この時に西日本限定発売だった「ホットケーキなスフレ・プリン」は2022年2月に全国発売されるそう! 楽しみですね。

※ 2021年9月18日配信

ファミリーマート ふわふわケーキオムレット チョコ ¥248

このスイーツが発売された際、ファミリーマート入口の頭上を見ると大きなポップがありました。ファミマイチオシのスイーツということで、期待が高まった記憶があります! 

袋から取り出すとき、手でそっと持っただけで生地のふんわり感が伝わりました! クリームがかわいくホイップされ、その上にココアパウダーとローストアーモンドがまぶされています。
中は…

ホイップクリームの下に、生チョコレートとチョコレートクリームが入っています。食べると、北海道産生クリームをブレンドしたホイップクリームは、軽い食感ながらもコクある甘さ。そして、濃厚な生チョコと甘いチョコレートクリームの味のコントラストが絶妙です。そして、それらを優しく包む生地は、フワフワ。口の中が至福になりました。

※ 2021年11月27日配信

ローソンの激推しスイーツ

ローソンのコンビニスイーツは、なんといっても「Uchi Café Spécialité」がオススメ! 素材やメニューにこだわりのあるスイーツシリーズで、発売のたびに味はもちろんのこと、ルックスや商品名にもうっとりとしてしまいます。オススメのスイーツを3つ紹介します。

ローソン 苺とあんこの和サンド ¥348(税込)

和サンドということで、サンドイッチの中に、あんことホイップクリーム、いちごが入っています。

断面にはいちごが3つ入っていました。中身が気になり…

ちょっとわかりにくいのですが、端っこまでちゃんといちごが入っています。そして、こしあんもギリギリのラインまで入っています。

あんことクリームという和洋折衷コンビに、いちごという鉄板の組み合わせ。サンドイッチではなく、スイーツコーナーに置いてもよいのに…と思ってしまいました。

※ 2021年2月13日配信

Uchi Café Spécialité 芳とろシュー・ア・ラ・クレーム ¥150

コンビニスイーツの王道で、小さなころから慣れ親しんだスイーツといえばシュークリーム。老若男女に愛されているといっても過言ではありません。「芳とろ」っていったいどんな食感なの? と気になってしまいます。

開封して取り出すと、丸っこくてかわいらしいフォルムのシュークリームが登場。見たところ、クッキーシューのようです。中はというと…

このように、バニラビーンズ入りのクリームがたっぷりと入っています。ひと口たべて驚いたのが、鼻を突きぬける芳醇なバニラの香り。これはもう感動レベルです。また、クリームは濃密なのにフワっとして口どけがよく、くどくない甘さが魅力的でした。

これまでローソンからは、ボリューム重視の「大きなツインシュー」や、シェア向きの「ふっくら生地のプチシュー」が定番シュークリームとして発売されていました。そんななか、この新作のシュークリームは、特に香りにこだわった、新たな定番となる予感がしました。価格が100円台でお財布に優しいのもまた良しです。

※ 2021年10月30日配信

ローソン Uchi Café 生ガトーショコラ ¥220

ローソンの代表的な2大スイーツといえば、コンビニスイーツの代名詞である「プレミアムロールケーキ」と「バスチー」。これらに続く自信作として、この「生ガトーショコラ」が発売されました!

開封すると小ぶりで、真ん中にクリームが入っているガトーショコラが登場。カフェなどでガトーショコラをオーダーすると、たいていホイップクリームかバニラアイスが添えられています。この新作は、このようにクリームを真ん中にのせることで、カフェで食べるガトーショコラを再現しているんです。このスタイル、すごく画期的だと思いませんか? 

ホイップクリームは北海道産生クリームがブレンドされていて、スッキリとした甘さで口どけなめらか。生地はカカオ分62%のクーベルチュールチョコに北海道産生クリームが加えられています。ガトーショコラはしっとりと濃厚なので、小さいながらも食後の満足感はめちゃくちゃ高いです。

プレミアムロールケーキやバスチーのように人気スイーツとなり、さまざまなアレンジが施されそうな予感のスイーツ。ローソンスイーツの新たな伝説の一品になること間違いなしです。

※ 2021年10月2日配信

2022年も素敵なコンビニスイーツに出合いたい

定番や準定番のスイーツにならない限り、新作コンビニスイーツは短ければ2週間程度で終売となってしまします。素材の関係で1年中販売できないものもあるため、心ときめくコンビニスイーツとの出合はまさに奇跡。2022年はどのようなコンビニスイーツが発売されるのか楽しみです。

文・小田原みみ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください