助成金・補助金・融資等支援のウィズアス、なんでも相談室、AI×ヒトの自動仕訳クラウドシステム【仕訳with(シワケウィズ)】をスタート

@Press / 2018年8月7日 6時30分

年間600件以上のスタートアップ企業の助成金申請を支援し、融資や補助金など資金調達全般をサポートするウィズアス株式会社は、スタートアップ企業向けに、助成金や融資、補助金など資金調達に関する疑問をなんでも相談できる「なんでも相談室」において、自動仕訳クラウドサービス『仕訳with(シワケウィズ)』をリリースいたします。

AI×ヒトの自動仕訳クラウドサービス『仕訳with』
URL: https://www.shiwake-with.com/ (仮設サイト)


■『仕訳with』提供の背景
スタートアップ企業向けの疑問相談サービス「なんでも相談室」は、資金調達の相談をメインとしながら【社長の右腕に】をテーマに、経営に関するあらゆる相談が出来るプラットフォームへと展開していく予定です。

スタートアップ企業がしっかり資金調達をするには、毎月の試算表を月次でしっかりと作っていくことが重要です。しかし、スタートアップ企業が毎月しっかりと試算表を作るのは非常に困難で、決算期になって、まとめて処理をするケースが少なくありません。

そのために、なんでも相談室では、カンタンに月次でしっかり管理することができる自動仕訳クラウドサービス『仕訳with』をリリースします。


■初期費用なし・月額980円からの自動仕訳『仕訳with』
『仕訳with』は、領収証等をスキャンし、スキャンデータをクラウド上にアップするだけで、自動的に仕訳しCSVデータを作成、そこに紐付けした領収証データも一緒にPDFで納品できるサービスです。

初期費用なし、月額基本料金980円から利用することができます。

この基本料で「なんでも相談室」を利用することができ、20仕訳分をサービスとしてつけています。21仕訳目以降、1仕訳につき25円の課金となります。
なお、通帳の場合は、通帳の行毎にテキスト化し、CSVデータで納品、料金は一行15円となります。ただし、勘定科目設定希望のお客様には1仕訳25円で対応させていただきます。

<月30仕訳の場合の月額料金イメージ>
基本料金980円+(25円×10仕訳)=1,230円
※消費税別途
※なんでも相談室の利用も可能

なお、1枚1枚の領収証をスキャンすること自体が手間になるという課題があります。
その課題を解決するために、ウィズアスでは、スキャンセンターも用意しています。

※当面はデータのアップロードではなく、スキャンセンターの利用を必須としています。

『仕訳with』を利用することで、資金計画をスピーディに実行することができるようになります。


■フリーランス・スタートアップ企業向けに開発
『仕訳with』のシステムエンジンは、スキャるを活用しています。

株式会社スキャる
URL: http://www.scaru.co.jp/

スキャるは、開発に5年を費やし、2017年にサービスをスタートしましたが、大手企業が既に導入を開始しています。

この大手企業向けのスキャるエンジンを活用し、フリーランスやスタートアップ企業が利用しやすいシステムへと開発したものが『仕訳with』です。

元スキャるCOOの大塚 良和氏がディレクションし、スタートアップ向けシステムの開発に至りました。また、大塚氏はウィズアスのプラットフォーム展開にも力を入れていきます。

徹底した利用のしやすさを提供するために、各種設定の手間を徹底して省略した画面設定、スキャンセンターの提供、勘定科目を簡素化する、ことで実現したサービスです。
『仕訳with』は、フリーランスから年商1億円未満のスタートアップ企業をターゲットとしており、競合他社との差別化を図っています。

また、データの管理等が不安なフリーランス・スタートアップ企業向けに、データのバックアップなどのサービスも充実させていきます。


■『仕訳with』はAI×ヒトのシステム
『仕訳with』は、AIとクラウドワーカーを活用しています。
クラウドワーカーという人の目を入れることでAIを補完し、高める、AI×ヒトのシステムであり、ヒトが最終チェックをするため、安全に納品できる仕組みになっています。
AIに仕事を奪われるのではなく、ヒトがAIを仕事に活かしていくクラウドシステムです。

また、CSR活動の一環として、クラウドワーカーには、障がい者も活用しています。障がい者を活用するため、障がい者就労支援施設を運営する一般社団法人ルブランサポートとの提携を皮切りに、全国の障がい者就労支援施設との連携も深めていきます。

一般社団法人ルブランサポート
URL: https://www.leblan-s.co/ (仮設サイト)

また、障がい者以外にも、子育て世代の方々にもできる範囲でクラウドワーカーになってもらえる仕組みも構築しています。


■あらゆる資料のテキスト化へ
さらに、今後の展開として、『仕訳with』は、ウィズアスグループ内で、領収証等のデータのみならず、あらゆる紙資料をアップロードし、テキストデータ化することを目指し、随時リリースしていく予定です。


■各種会計クラウドとの連携
『仕訳with』は、弥生会計・MFクラウド会計・freeeといった会計クラウドとCSVデータにて連携が可能です。
また、『仕訳with』の仕訳データは、一般的なCSVの配列となっているため、上記3種以外にも連携は可能であり、JDLやTKCなどの税理士向け会計システムなどに対しても、CSVの配列を換えることで連携することができます。

各種会計システムと連携できるという点も、同種のサービスを提供する競合他社との差別化に繋がっています。


■幅広い展開を予定
『仕訳with』は、今後、各種金融機関とのAPI連携、各業界向けのカスタマイズ連携などを行っていく予定です。
現在、相鉄グループの相鉄ピュアウォーター、旅館・ホテル等旅行関係事業者向けに媒体を提供する旅行新聞新社の後援を受けているほか、全国の工務店300社の加盟店を展開するスマートリノベーション運営本部(運営:グッドグループホールディングス株式会社)と提携し、工務店向けのサービスを構築しています。

『仕訳with』は、建設・介護・飲食・美容など、様々な業種業界向けのカスタマイズリリースを予定しています。各業界と連携をはかり展開し、サービスを充実させていく予定です。


■IT導入補助金も対象
『仕訳with』は、IT導入補助金対象のITツールとして登録されており、IT導入補助金の対象となります。

IT導入補助金
URL: https://www.it-hojo.jp/


■ウィズアス概要
名称 : ウィズアス株式会社
所在地 : (東京オフィス)東京都新宿区西新宿7-8-11 中川ビル5階
(埼玉オフィス)埼玉県川越市並木865-1・2階
代表取締役 : 社会保険労務士・行政書士 前田 敏幸(まえだ としゆき)
ホームページ : https://www.shiwake-with.com/
助成金活用ガイド: https://jyoseikin-with.com/

<代表取締役 前田 敏幸の実績>
ウィズアス株式会社 代表取締役/ウィズアス社会保険労務士法人 代表社員/ウィズアス行政書士法人 代表/ウィズアスホーム株式会社 代表取締役/合同会社ビザーズ 代表社員/トキワコンサルティング株式会社 取締役/セスグモ株式会社 取締役

<メディア実績など>
・資格の学校TAC「日本の行政書士 行政書士、社会保険労務士、不動産業を一本のサービスラインに。全方位サービスで全国展開を目指す。」
http://www.tac-school.co.jp/netnews/kaikeijin/kaikeijin_176.html
・助成金受給で企業を後方支援 ウィズアス、中小と社労士のマッチングサイト開設
https://www.sankeibiz.jp/business/news/170705/bsl1707050500001-n1.htm


■スキャる概要
名称 : 株式会社スキャる
所在地 : 東京都千代田区麹町4-5-20 KSビル 8階
代表取締役CEO: 上野 裕史
ホームページ : http://www.scaru.co.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング