サーバーワークス、OneLogin社より「Partner Excellence」を3年連続受賞

@Press / 2019年8月29日 11時30分

アマゾン ウェブ サービス(以下:AWS)のプレミアコンサルティングパートナーである株式会社サーバーワークス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:大石 良、以下:サーバーワークス)は、アイデンティティ管理で業界をリードするOneLogin,Inc.より同社が扱う「OneLogin(*1)」に関する技術ブログおよび導入事例の作成などOneLoginの普及活動に貢献したと評価され、「Partner Excellence」を3年連続で受賞したことをお知らせいたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/191821/LL_img_191821_1.jpg
OneLogin「Partner Excellence」

サーバーワークスはこれまでの数多くのAWS導入実績および自社でのSaaSサービスの活用から、セキュアにIDの統合管理が行えるサービスの必要性を感じ、2016年5月からOneLoginの販売および導入支援を行ってまいりました。2019年6月に行われた「AWS Summit Tokyo 2019」では、OneLogin導入にて豊富な実績を持つ当社社員 宮澤がブースセッションを行い、多くの来場者へ「OneLogin」の魅力をお伝えすることができました。

今後もさらなる導入拡大を目指し尽力してまいります。


■OneLoginについて(*1)
OneLoginは、AWSやOffice 365、G Suite、Salesforceなどに代表される複数のSaaSを利用する企業において、シングルサインオンとアクセスコントロールの提供、ID管理に関わる運用及び導入コストを大幅に削減することが可能なIDaaSサービスです。2010年からクラウドベースのサービスでID管理市場をリードし続け、ガートナーの「Magic Quadrant for Access Management」でも「Visionaries」という評価を得ています。
https://www.onelogin.com/jp


■株式会社サーバーワークスについて
サーバーワークスは、「クラウドで、世界を、もっと、はたらきやすく」をビジョンに掲げ、2008年よりクラウドの導入から最適化までを支援しているAWS専業のクラウドインテグレーターです。

2019年8月現在、730社、6,600プロジェクトを超えるAWS導入実績を誇っており、2014年10月よりAWS パートナーネットワーク(APN)(*2)の最上位の「プレミアコンサルティングパートナー」に継続して認定されています。移行や運用、エンドユーザーコンピューティング、コンタクトセンターなど多岐にわたって認定を取得し、AWS事業を継続的に拡大させております。
取得認定、実績についての詳細はこちらをご覧ください:
https://aws.amazon.com/partners/find/partnerdetails/?id=001E000000NaBHzIAN


■APNについて(*2)
APNは、AWSのエコシステムを支えるシステムインテグレーター(SI)、戦略的コンサルティングファーム、ソリューションプロバイダ、マネージドサービスプロバイダ、独立系ソフトウェアベンダー(ISV)、SaaSベンダー、PaaSベンダー、開発者用ツールベンダー、管理/セキュリティベンダーなどによって構成されております。


*本リリースに記載された会社名、サービス名等は該当する各社の登録商標です。
*アマゾンウェブサービス、AWSは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
*本リリースの情報は発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング